ハウスダストの中には、カビの胞子やダニの糞・死骸などが含まれていて、やはり、鼻炎アレルギーなどの健康への害が、心配されます。

3つの観点からハウスダストを少なくする工夫を考えてみます。

  1. ハウスダストが増える原因(カビやダニの繁殖)を抑える
  2. ハウスダストを室外に追い出す
  3. ハウスダストを除去する
カビダニの繁殖を抑える ①室内の結露・湿気の防止。

②ダニの餌となる埃や塵を取り除く(日頃からのお掃除)。

③カーペットを使用しない。(床は、フローリングが一番良いです。)

④寝具のお掃除(清掃)と洗濯。(ふとんの掃除機がけはとても効果があります。)

(ふとんの掃除機がけは、有効ですが、手間がかかります。ハウスダストを通さない布地のふとんを使うと楽です。)

※ふとんをハウスダストの出にくいものに代えると、驚くほどハウスダストが減少します。

ハウスダストを室外に追い出す ①換気(窓の開放と換気扇の使用)。

※徹底した換気は、ハウスダストを減らす最良の手段です。

※窓の開放は、花粉などの別のハウスダストが、流入する場合がありますので、季節や天候、また花粉症の有無などに注意しましょう。

ハウスダストを除去する ①空気清浄機使用とお掃除(清掃)。

※空気清浄機は、ハウスダストの除去に効果がありますが、イオン式のものはほとんど効果は期待できません。ファン式のものを使いましょう。

※エアコン内にカビや埃があると、それを室内に撒き散らすことになりますので、エアコンの清掃も忘れずに。

※掃除機は、フィルターが高性能のものほど、多くのハウスダストを除去することができます。

※お掃除は、ハウスダストの除去と、ダニやダニの餌となる埃塵を除去する二重三重の効果があるので、こまめにお掃除することが一番です。

お掃除しやすいお部屋づくりを心がけましょう。(整理整頓と収納の仕方の工夫)