シックハウス症候群の原因

現代の住居は、化学物質をたくさん含む新建材を使い、気密性が高いために最近化学物質過敏症に悩む人が多くなり、シックハウス症候群と呼ばれています。

原因となる有害化学物質は、ホルムアルデヒトやトルエン・キシレン・パラジクロロベンゼン・スチレン・クロピリホスなどのVOC(揮発性有機化合物)です。

これらは、合板・接着剤・木材保存剤・防虫剤・消臭剤・発泡スチロール・防蟻剤などに含まれていて私たちの身の周りに相当な量存在しています。

シックハウス症候群の諸症状

目がチカチカする。喉や頭の痛み。吐き気。イライラ・うつ症。自律神経失調症。アレルギー諸症状。湿疹など。

シックハウス症候群対策の例

換気を十分に行う 窓の開放、換気扇の連続運転。(新しい住宅ほど、シックハウス症候群の原因物質が多く存在します。)
有害化学物質を含む量が少ない建材を使用 含有量のできるだけ少ない建材を使って新築や改築・リフォームをする。
有害化学物質を除去する空気清浄装置の設置 オゾンによる空気清浄装置、光触媒を利用するもの、植物と殺菌灯・ファンなどを組み合わせたものなどがあります。