グローバル化が進んでいることもあって、現代のビジネスシーンでは翻訳が必要となるシーンが多くなっています。翻訳には豊富な知識が求められますが、知識をお持ちの方でも苦手意識を持つ方は少なくないかと思います。

翻訳が難しいと感じるのにはいくつか理由がありますので、こちらではその理由をご紹介しています。

曖昧な表現に慣れている

日本では「こそあど言葉」や「一応」といった言葉が日常的に使用されており、こういった曖昧な言葉は日本の文化であり日本語を際立たせてくれます。

普段から曖昧表現を使っていれば自然と曖昧表現に慣れてしまいますが、曖昧表現に慣れていることが原因で翻訳が難しく感じるのです。
日本では曖昧表現を使用しても話の内容を伝えることができますが、海外で曖昧表現を使って話をすると内容を正確に伝えることができません。

海外では明確な表現で話を進めるのが基本であり、曖昧な表現では単語の意味だけが伝わってしまうので、相手は話の内容を理解することができないのです。

地域によって訳語が異なる

翻訳をする際に単語の意味を1つ1つ辞書で調べて並べ替えれば文章として成り立って意味を理解できる場合もありますが、直訳しただけでは文章として成り立たない場合も多くあります。

辞書は基本的に日本語に近い意味だけが掲載されているので、辞書の単語をそのまま直訳しても正しい答えになるとは限らないのです。

また地域によってはほとんど使われていない単語も数多くあり、独特の言い回しが存在する地域もあります。正しい翻訳を行うためには日本語について深く理解するだけでなく、地域の文化や習慣についても理解する必要があります。

韓国でビジネスの展開を検討されている方は、当社の韓国語翻訳と韓国語通訳のサービスをご利用ください。

韓国語と中国語を専門としていますので、高品質の韓国語翻訳と韓国語通訳をご提供いたします。
また優秀な日本人が対応いたしますので、安心してご依頼することができます。
ビジネスはもちろんセミナーや会議などで韓国語翻訳や通訳が必要な際はぜひご相談ください。