今回は、韓国ビジネスで注意するマナーについて、少しご紹介いたします。日本でも礼儀を重んじるように、韓国でも礼儀をとても重んじています。国が変われば風習やマナーなど様々なところで相違点が出てきます。しかし、相違点を理解するとともに、相手の国に対して敬意を示し受け入れるという姿勢が大切です。

目上に対してのマナー

韓国では日本以上に儒教文化が強いので、目上の方との接する時には細かい配慮が必要とされます。目上の方の前ではタバコは吸ってはいけなく、どうしても吸いたい時には許可をもらう必要があります。また何か物を受け取る時には、必ず両手か右手に左手を添えて受け取らなければいけません。握手をする時も、左手を右手に添えて挨拶をする必要があります。

お酒の席でのマナー

お酒の席での韓国の独特のマナーとして、目上の人と飲む時には、正面を向いて飲むのではなく、体や顔を少し横向きにして、口元を隠すように飲みます。
乾杯は、日本では宴会の最初に一回おこなうことが一般的ですが、韓国では宴会の最中に頻繁におこなわれます。
お酒の注ぎ方も注意が必要です。日本では、相手の杯の酒が空になる前に注ぐのがマナーですが、韓国では失礼になります。相手が全部飲み干したのをみて注がなければなりません。

日本には、お酒の席での「無礼講」という言葉があります。地位や年齢の上下関係を抜きにして自由に楽しく飲みましょう、ということで、多少の非礼はお酒の席ということで許されます。韓国では、例えお酒の席でも、目上の人に対する最低限のマナーは守らなければなりませんので注意しましょう。

食事のマナー

韓国の食事は日本と同じように基本、ご飯と汁物ですが食べ方は異なります。
日本では片手で食器を持ち上げ、箸でご飯や汁物を食べますが、韓国では食器は置いたままスプーンで食べます。箸はおかずを食べる時にだけ用います。汁物、スープを食べる際には、中にご飯を入れて混ぜて食べることも多いです。日本で行儀が悪いと思われる食べ方ですが、韓国では普通の食べ方となります。
また、食事を始める時には、一番の年長者がスプーンを持つのを待ってから食べなければなりません。韓国の取引先との会食の際には、そういったマナーの違いを理解して、良い関係を築いていって下さい。