常陸興業(株) 通訳翻訳事業部

     韓国語専門の通訳・翻訳サービス。商談通訳、会議通訳、展示会通訳、セミナー通訳、研修通訳など、ビジネス通訳に特化。

logo

通訳翻訳事業部トップページ

会社概要

韓国語通訳

韓国語翻訳

韓国現地での通訳

韓国ビジネスサポート

韓国ビジネス情報

中国語通訳

中国語翻訳

中国ビジネスサポート

ご発注・お支払について

韓国語・ハングルの基礎知識

通訳・翻訳スタッフ募集

サイトマップ

常陸興業株式会社

TEL 029-867-4218

FAX 029-867-2269

お問い合わせ(メール)

茨城エコ事業所登録

  環境方針

個人情報保護方針

 

 

◇◇Takeさんの韓国見聞録◇◇

韓国サラリーマン生活14年目のTakeさんがTVや雑誌、ツアー旅行では決して得られない現地の穴場情報と韓国を理解するための秘訣を貴方に伝授致します。激動する今の韓国を感じて下さい!!

 


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

Takeさんの韓国見聞録      2006.05.14発行  NO.45
 <古くからの友人、韓国をよく理解するための日本人サラリーマン日記>

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www3.to/take3/■


Takeさん@韓国ソウルです。

 清清しい風と緑が美しい5月です。皆さん、GWは楽しい思い出をたくさん
作る事ができましたでしょうか?この時期は日本のGWが羨ましくていつも指
をくわえながら仕事するのが常ですが、今年は5月31日が統一地方選挙なの
で暦の上では平日ですが、一般的な会社は選挙のために休みになるので今から
何をしようかあれこれ考えている最中です。


■本日のサラリーマン日記   韓国映画「裸足のキボン」

 韓国の5月は「家庭の月」とも呼ばれ、子供の日、父母の日、先生(師匠)
の日が連続してあります。そんな5月に相応しい映画を観てきました。
先月の終わりに自宅の近くにあるワールドカップ公園に子供と遊びに出かけた
のですが、友人から映画のチケットが余っているので今から一緒に観に行こう
と誘われてしまい、映画の題名もよくわからないままただ座っていれば何か出
てくるだろうと思い映画館に入りました。終わってみると何とも言えない感動
と余韻に浸ることができたとても良い映画でした。ストーリーはいつもの様に
以下のサイトを参考にして下さい。

http://contents.innolife.net/listm.php?ac_id=7&ai_id=8466


後からわかった事ですがこれは実在の人物をモデルに製作された映画で、韓国
KBSの「人生劇場」というドキュメンタリー番組でも紹介されたそうです。

映画の舞台は南海の美しい海が見える静かな田舎街。ソウルの喧騒した雰囲気
とはあまりにもかけ離れた自然の美しい街が舞台です。青く澄んだ海をバック
にキボンアジョシは今日も走り続けます。8歳の時に病気が原因で知能が止ま
ってしまった障害者キボンが80歳にもなる高齢の母親との二人暮らしを通じ
ての親子の絆をテーマに描かれた映画です。

最初の頃はチョ・スンウの「マラソン」を真似ただけの映画ではないかと思っ
ていましたが、観ている内にどんどん引き込まれてしまいました。また前半は
大笑いの連続で単なるコメディ映画ではないか?との思いも沸いてきましたが
、後半くらいから少しづつしんみりとさせられ、ラストシーンではなぜか嬉し
くて涙が止まらない、、、そんな映画でした。小学二年の息子も私の隣で観て
いたのですが、最後は小粒の涙を流していたのが印象的でした。

インターネットもパソコンもない片田舎で、今にも吹き飛ばされそうな家に住
んでいるキボン親子。貧しい生活ですが彼らの顔からはその影ひとつ伺えませ
ん。1日1日に感謝しながら暮らす彼らはいつも明るい笑顔を浮かべています。
このキボンアジョシの笑顔が実に印象的でもあり、新鮮に映ったのは私だけで
はないと思います。

私の会社のあるカンナム地域だけだと年間平均所得が4万ドルを越えると聞い
たことがありますが、外的に見たら裕福に暮らしていても何か大切なモノを忘
れてしまった今の韓国社会に対する警告のようにも思えました。とにかく今の
韓国は70年代の日本のような学歴重視の社会。80年台のバブル期のような
土地投機が盛んで、財産や名誉を重視する社会になってしまったように思えま
す。そんな中で人間にとって本当の幸せは何なのか?と考えさせられる映画で
あり、国や民族は異なっても親が子供を思う気持ち、子供が親を慕う気持ちは
万国共通であるという事を再度、痛感させられました。

歯が抜け落ちて消化不良を起こしてしまう老婆に向い、「オンマ、イェップダ
(綺麗だね)、、、」というキボンアジョシと、参加賞のメダルを優勝の金メ
ダルと勘違いして「やはり私の息子が最高だぁ〜!!」喜ぶ老婆の台詞にこの
映画のすべてが込められているように思えます。例え障害や問題があったとし
ても親にしてみれば自分の子供はかけがえのない存在です。また、そんなキボ
ンアジョシを応援する村人の姿に、今の韓国が忘れてしまった古き良き時代を
思い起こして欲しいという事ではないでしょうか?

それにしても今でも思い出すと噴出しそうになるのが、キボンアジョシのマラ
ソンシーン。映画の中でも何回か出てきますが、必死に走るその姿は今も忘れ
られません。また南海の青く澄んだ海をバックにひた走る姿に、その昔に観た
映画「風の丘を越えて/西便制(ソピョンジェ)」で主人公が丘を歩くその姿
を思い出してしまいました。

映画「マラソン」で障害者役を演じたチョ・スンウも記憶に新しいですが、今
回のキボン役を演じたシン・ヒョンジュンはそれを上回っているように思えま
す。私の記憶が正しければシン・ヒョンジュンは「天国の階段」で二枚目の兄
さん役を演じていたように思うのですが、その変貌ぶりは凄いの一言でした。

今の日本ではこの手の親子愛をテーマにした映画はどうでしょうか?韓国では
母親と息子の絆が凄く強くて、マザコン(韓国ではママボイ)を大量生産して
いるのではないか、、、?と疑いたくなる時もありますが、とにかくこの国の
親子の愛情の深さは半端ではありません。そのような背景があるのでこの手の
映画も受け入れられる土壌が残っているのではないかと思います。

この映画のモデルとなった方の実名も「キボン氏」なのかどうかはわかりませ
んが、人間として一番大切な基本(韓国語でキボン)を教えてくれた映画でし
た。



■編集後記

 ここまで読んで下さり有難うございました。

最近、私の周囲でもゴルフを始める方が多くなってきました。今までは贅沢で
一部の特権階級だけが楽しむイメージがありましたが、ここに来てだいぶ状況
が変わって来たように思います。韓国女子ゴルファーの海外での活躍ぶりも影
響しているようです。韓国人の適正を考えた場合に野球やサッカーなどの団体
スポーツよりもゴルフやスケートなどの個人スポーツの方が向いているように
思うのですが、皆さんはどう思われますか?

それでは皆さん、アンニョンヒケセヨ〜!!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日韓ビジネス

http://korea-b2b.com/

 

 


常陸興業株式会社 通訳翻訳事業部

〒300-4244 茨城県つくば市田中1113

TEL 029-867-4218

FAX 029-867-2269

(営業時間:平日9:00−17:00)

info@hitachikogyo.co.jp


Copyright(C)2007 HITACHI KOGYO Co.,Ltd. All rights reserved.