常陸興業(株) 通訳翻訳事業部

     韓国語専門の通訳・翻訳サービス。商談通訳、会議通訳、展示会通訳、セミナー通訳、研修通訳など、ビジネス通訳に特化。

logo

通訳翻訳事業部トップページ

会社概要

韓国語通訳

韓国語翻訳

韓国現地での通訳

韓国ビジネスサポート

韓国ビジネス情報

中国語通訳

中国語翻訳

中国ビジネスサポート

ご発注・お支払について

韓国語・ハングルの基礎知識

通訳・翻訳スタッフ募集

サイトマップ

常陸興業株式会社

TEL 029-867-4218

FAX 029-867-2269

お問い合わせ(メール)

茨城エコ事業所登録

  環境方針

個人情報保護方針

 

 

◇◇Takeさんの韓国見聞録◇◇

韓国サラリーマン生活14年目のTakeさんがTVや雑誌、ツアー旅行では決して得られない現地の穴場情報と韓国を理解するための秘訣を貴方に伝授致します。激動する今の韓国を感じて下さい!!

 

 

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

Takeさんの韓国見聞録      2006.06.12発行  NO.47
 <古くからの友人、韓国をよく理解するための日本人サラリーマン日記>

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www3.to/take3/■


Takeさん@韓国ソウルです。

 5月末の統一地方選挙が終わりようやく街は静けさを取り戻したと思ってい
たら、今度はワールドカップで盛り上がっています。地下鉄の入り口でチラシ
や挨拶を受ける煩わしさの代わりに、赤いTシャツなどの関連グッズで埋め尽
くされるようになりました。
今回の選挙では野党の一方的な圧勝でしたが、今の二極化現象に対する市民の
怒りが爆発した感じです。今回、紹介するするコーヒーショップでもこの二極
化を肌身に感じる事ができます。最近「バブルセブン」という言葉が聞かれる
ようになりましたが、これは特に値上がりの激しいカンナムを中心とした7地
区を指しています。韓国も日本の後を追うことになるのでしょうか?




■本日のサラリーマン日記   「韓国のコーヒーショップ大戦争」

 以前のメルマガでもお話ししたと思いますが、私が初めて韓国に来た頃はコ
ーヒーショップと言うと薄暗くてカビ臭いタバン(茶房)コーヒーが大半でし
たが、スターバックスが韓国に上陸してからはその様相は変わり始めました。
今ではスタバのおかげて一人でもコーヒーを楽しむという文化というか習慣が
韓国でも定着したような気がします。

http://plaza.rakuten.co.jp/koreafaq/diary/200511180001/

韓国でのスタバの大成功ぶりが刺激になったのか昨年くらいからソウルはコー
ヒーショップ大戦争の様相を呈しています。駅の近くやロケーションの良い所
は次々と大手コーヒーショップチェーン店が進出しています。特に熾烈な闘い
を展開しているのは以下の3店です。

スターバックス http://www.istarbucks.co.kr/
コーヒービーン http://www.coffeebeankorea.com/
カフェ パスクーチ http://www.pascucci.it/

上から順番に「緑、茶、赤」の色を前面に出して、駅前などの人ゴミの多い所
では必ずと言っていいほどこれらのお店が目に入ってきます。明洞でのスタバ
とパスクーチの立地戦争は結構話題になりました。どのお店もコーヒーの値段
は4000ウォンから7000ウォン位が相場で味も品質も一定しているので
その分競争が激化しています。まあ、消費者の立場からしてみるとどこでも安
心して飲めるのが良いですネ。今でも知らない個人店に入ると出がらしの様な
超アメリカンコーヒーを飲まされる事になるので、海外から来る観光客は上記
のチェーン店がお勧めでしょう。

実は今回、韓国のコーヒーショップに関して書こうと思ったきっかけは、私の
会社の近くの鳥山(トサン)公園前にコーヒービーンができたためです。日本
からお客さんが来た時とか、昼休みに友人と会う場合などよく利用するように
なりました。

http://www.geocities.jp/korea_faq/NO47/p2.jpg

http://www.geocities.jp/korea_faq/NO47/p1.jpg

この鳥山公園の周りには高級ブテックや芸能人事務所があり、コーヒーの値段
も高くて一杯1万ウォン位が相場です。5000ウォンの昼食を済ませて1万
ウォンのコーヒーを飲むのは何ともバカらしいので今までは近づく気にもなり
ませんでした。そこにコーヒービーンという大手チェーン店がお店を出したの
でリーズナブルな価格で美味しいコーヒーと高級な雰囲気を味わえる実にお得
なコーヒーショップです。どうせ同じお金と時間をかけてコーヒーを味わうな
らば、絶対にお勧めのお店だと思います。

それでは次にここのお店の特徴を少し書きたいと思います。まずは何と言って
も目立つのは大きな駐車場です。カンナム地区でこれほど大きな駐車場を完備
したお店は他に無いと思える程です。平日の昼間だというのに駐車場にはひっ
きりなしに車が入ってきて数人の案内人は大忙しです。韓国では限られた駐車
場にめいいっぱい車を詰め込むので代理運転する人は必ず必要です。セレブな
奥様方には狭い縦列駐車が苦手なので、駐車場に入るやいなや若い兄ちゃんに
キーを渡してさっそうとお店の中に入っていきます。
ここに来て一日中、駐車場を眺めていれば韓国で人気のある自動車を観れるの
で韓国の自動車に関心のある方にもお勧めです。駐車場には外車か3000C
Cクラスの高級車ばかりで、ここがコーヒー店なのか外車の展示場なのか疑い
たくなります。軽自動車などは見事に一台もありません。

ここに居ると今の韓国の二極化(韓国では両極化と呼ばれています)を肌身に
感じる事ができます。昼間の3時頃になると時間を持て余した奥様方や若いお
姉さん方が大勢やって来るので、今の韓国で流行しているスタイルを見る事が
できます。昼間にこのような場所で時間を費やせる様な方々は本当に余裕があ
るのでしょう。日本でも「不労所得」という言葉が流行っていると聞きました
が、ここカンナムこそ不動産バブル寸前の不労所得で沸き返っているようにも
思えます。

二階と三階にはバルコニーがあり、目の前に鳥山公園があるので贅沢な気分も
味わえます。今の時期はまだそれほど日差しも強くないので快適です。このよ
うな全展開型の大きなバルコニーを完備したコーヒーショップは珍しいと思い
ます。それとこのお店に限らず、フカフカのソファーや窓際の席など色々なバ
リエーションがあるので、注文する前に予めどこに座るかを決めておくのもポ
イントかもしれません。

そしてここは100%セルフサービスでレジで会計をする時に名前やマグカッ
プにするかなど聞かれますがその辺は何とか切り抜けて下さい。細かい仕様や
オプションなども聞かれるかもしれませんが、何を答えて良いのかよくわから
ない場合は必殺技の「アラソヘジュセヨ」を使えば良いと思います。「アラソ
」を直訳すると「理解して、わかって」というようなニュアンスですが、用は
あなたに任せるので勝手にやってちょうだいという事です。日本でこれをやる
と店員は困惑してしまうかもしれませんが、韓国でこれを言えば本当にアラソ
やってくれます。

今回、紹介した3つのチェーン店は一人でも楽しめる席を必ず設けているので
一人旅の方にもお勧めです。旅先で出会った韓国の方と楽しい会話ができれば
尚ベストでしょう。韓国でこれほどコーヒーショップが激増している背景には
、はやり話し好きの民族性があると思います。日本では周囲の目を気にしてし
まう所がありますが、こちらはそんなのはお構いなしで大声で話し続けている
のでよく疲れないものだと関心してしまうほどです。

海外旅行というと限られた時間内にどれだけ多くの名所を巡るかを考えてしま
いがちですが、お洒落なコーヒーショップでの落ち着いた時間も大切ではない
でしょうか?最後にこのお店の略図を載せておきます。できたばかりなのでま
だ地図にも載っていませんが近くまで行けば目立つのでわかると思います。
すぐ近くにも同じコーヒービーンがあるので注意してください。

http://www.geocities.jp/korea_faq/NO47/map1.jpg




■編集後記

 ここまで読んで下さり有難うございました。

今回はコーヒーショップの話でしたが、どこのお店が一番美味しいのか?と聞
かれると個人差もあるので答えは難しいですね。私は個人的にはダンキンドー
ナツのコーヒーが一番気に入っています。
あと、今回のメルマガの中に出てきた鳥山公園の近くには、ヨン様が経営して
いる高級ヘルス系レストラン「ゴリラ・イン・ザ・キッチン」があります。
最近、オープンしたと聞いているので近くを通る度に中に入ろうかと思ってい
るのですが、脂ぎったアジョシ一人だけだとイマイチ勇気が出ません。そのう
ち入る機会もあるかと思うので、その時は改めてレポートしたいと思います。

それでは皆さん、アンニョンヒケセヨ〜!!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

http://korea-b2b.com/jisseki.html

 

 

 


常陸興業株式会社 通訳翻訳事業部

〒300-4244 茨城県つくば市田中1113

TEL 029-867-4218

FAX 029-867-2269

(営業時間:平日9:00−17:00)

info@hitachikogyo.co.jp


Copyright(C)2007 HITACHI KOGYO Co.,Ltd. All rights reserved.