常陸興業(株) 通訳翻訳事業部

     韓国語専門の通訳・翻訳サービス。商談通訳、会議通訳、展示会通訳、セミナー通訳、研修通訳など、ビジネス通訳に特化。

logo

通訳翻訳事業部トップページ

会社概要

韓国語通訳

韓国語翻訳

韓国現地での通訳

韓国ビジネスサポート

韓国ビジネス情報

中国語通訳

中国語翻訳

中国ビジネスサポート

ご発注・お支払について

韓国語・ハングルの基礎知識

通訳・翻訳スタッフ募集

サイトマップ

常陸興業株式会社

TEL 029-867-4218

FAX 029-867-2269

お問い合わせ(メール)

茨城エコ事業所登録

  環境方針

個人情報保護方針

 

 

◇◇Takeさんの韓国見聞録◇◇

韓国サラリーマン生活14年目のTakeさんがTVや雑誌、ツアー旅行では決して得られない現地の穴場情報と韓国を理解するための秘訣を貴方に伝授致します。激動する今の韓国を感じて下さい!!

 

 

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

Takeさんの韓国見聞録      2006.10.03発行  NO.55
 <古くからの友人、韓国をよく理解するための日本人サラリーマン日記>

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www3.to/take3/■


Takeさん@韓国ソウルです。

 10月3日は開天節(ケチョンジョル)です。簡単に言うと韓国の建国記念
日ということで休日です。前回のメルマガでも触れましたが、10年に一度し
かないのではないかと思えるような連休に突入して、久しぶりにのんびりと過
ごしています。ただ、女性たちにとっては秋夕(チュソク)の連休は目が回る
くらい忙しくて、モムサル(過労)で寝込んでしまうと言う例も少なくありま
せん。まさしく「阪神の死のロード」に匹敵するくらいに苦労されている方も
多いのが現実です。男性陣は食べて寝てを繰り返して、実に有意義で幸福な時
間を過ごす事になります。この時ばかりは男に生まれて本当に良かった、、、
と思う季節です。


■本日のサラリーマン日記   「ハヌル公園と中秋の名月」

 民族大移動、ハンガウィの秋夕が近づいてきました。この時期の韓国は一年
中で一番、観光に適している季節だと思います。韓国の秋を感じるなら景福宮
、昌徳宮に代表されるような李朝時代の王宮に行くのが一番かと思いますが、
そのような観光名所にもう飽きてしまった方にお勧めの場所があります。それ
はワールドカップ競技場の近くにあるハヌル公園(空の公園)です。名前の由来
のように、ここに来ると本当に青い空を近く感じる事ができます。

私は昨年の夏に今の麻浦区に引越しをしましたが、その大きな理由として、漢
江周辺と今回紹介するハヌル公園を始めとしたワールドカップ公園の近くに住
みたいと思ったからでした。

春は黄色いケナリ(連翹)、秋は金色のススキ一色に覆われるこのハヌル公園
はソウル市民の代表的な散策コースです。今の時期、ススキが生い茂る小高い
丘の上から見る満月は何とも神秘的でロマンチックです。そこに風力発電機の
風車が大きな円を描いて回っているのですが、ここが本当に韓国なのか?
と思わず疑りたくなる風景に出会えます。私はここに来ると、その昔よくドラ
イブに出かけた箱根の仙石原を思い出してなりません。初めて来た時は、韓国
にもこんな場所があったのか!!と感動したものです。

晴れた日はここから北漢山(プッカンサン)、南山(ナムサン)、63ビルを
始めとしてソウル市街を一望に見渡せます。また、眼下には雄大な漢江を見渡
せて実に爽快な気分にさせてくれる事間違いない無しです。

日本には「中秋の名月」という言葉がありますが、毎年、この時期の韓国人の
ソワソワぶりを見ていると、韓民族は本当に陰暦で動いている生き物であると
実感してしまいます。日本も古来は陰暦で運行していたと思いますが、戦後は
アメリカの影響のためか陽暦になりました。韓国も一時期は陽暦を容認したよ
うですが、未だに陰暦の影響は色濃く残っています。

何時間も渋滞に巻き込まれながらも、故郷に帰ってお墓参りをして、親戚や懐
かしい故郷の友人とお酒を酌み交わしながら親交を確認する習慣は、簡単に無
くなる事はないのでしょう。それはまるで満月の夜に潮が満ちるように、人々
を生まれ故郷に吸い込んでいく様です。このような姿を見ていると、本来、人
は陰暦で生きるように造られているのではないか?何て思っりもします。日本
ではほとんど意識しなかった「中秋の名月」もこの国に来るとなぜか心に沁み
てきます。今回、紹介したハヌル公園はそんな夜のために準備された公園と言
っても過言ではないでしょう。

実はこのハヌル公園は私が初めて韓国に来た頃は、ゴミの山だったのです。当
時はソウル市内の生ゴミがすべてここに集められていたそうです。金浦空港か
らソウル市内に向かう時に異様に聳え立っていたのを今でも忘れません。それ
が2002年のワールドカップを契機に大きく開発されたのです。私の知人の
中にこの工事に深く関係している方がいるのですが、当時は生ゴミのガスがあ
ちこちから発生してとても苦労したそうです。工事が成功した時には海外から
も多くの見学人が来たそうで、この公園はソウル市民の自慢の種にもなってい
ます。

ワールドカップ競技場にはフランス系大型ディスカウントストアのガルーフが
ありますが、週末は家族連れが公園で遊んだ後に、ここで買い物をしていく為
に凄い混雑になります。ここに来ればごく一般的なソウルっ子の姿を垣間見る
事ができると思います。それと、ハヌル公園には売店が無いので、このガルー
フで軽食や飲み物を買ってハヌル公園に行くと良いかもしれません。

ハヌル公園までの行き方や雰囲気は以下のサイトを参考にして下さい。
http://www.konest.com/data/spot_mise_detail.html?no=839


無料のシャトルバスとかもありますが、地下鉄6号線のワールドカップ競技場
駅(1番出口)からでも十分に歩いて行けるので、私はそちらをお勧めします
。ハヌル公園から「Takeさ〜ん!!」と大声で叫ぶと、私の家まで聞こえ
るかもしれません(笑)
 


■編集後記

 ここまで読んで下さり有難うございました。

インラインスケートってご存知でしょうか?日本ではローラーブレードと呼ば
れているのかもしれません。あまり日本では流行っていないのでしょうか?
韓国では子供から大人まで手軽にできるスポーツと言う事で、爆発的に流行し
ています。大手ディスカウントストアに行くと、必ずインラインスケートが置
いてあるくらいです。実は今回、紹介したワールドカップ公園はインラインス
ケートのメッカでもあります。平日の夜でも社会人の同好会らしき仲間が大勢
集まって楽しくやっています。私も決して上手では無いですが、ダイエットと
健康の為にたまに滑っています。今日はハンガン周辺道路を滑りましたが、秋
風に揺れるコスモスを横目に滑るのは実に爽快です。

それでは皆さん、アンニョンヒケセヨ〜!!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

 

 

 

 

 

 


常陸興業株式会社 通訳翻訳事業部

〒300-4244 茨城県つくば市田中715

TEL 029-867-4218

FAX 029-867-2269

(営業時間:平日9:00−17:00)

info@hitachikogyo.co.jp


Copyright(C)2007 HITACHI KOGYO Co.,Ltd. All rights reserved.