常陸興業(株) 通訳翻訳事業部

     韓国語専門の通訳・翻訳サービス。商談通訳、会議通訳、展示会通訳、セミナー通訳、研修通訳など、ビジネス通訳に特化。

logo

通訳翻訳事業部トップページ

会社概要

韓国語通訳

韓国語翻訳

韓国現地での通訳

韓国ビジネスサポート

韓国ビジネス情報

中国語通訳

中国語翻訳

中国ビジネスサポート

ご発注・お支払について

韓国語・ハングルの基礎知識

通訳・翻訳スタッフ募集

サイトマップ

常陸興業株式会社

TEL 029-867-4218

FAX 029-867-2269

お問い合わせ(メール)

茨城エコ事業所登録

  環境方針

個人情報保護方針

 

 

◇◇Takeさんの韓国見聞録◇◇

韓国サラリーマン生活14年目のTakeさんがTVや雑誌、ツアー旅行では決して得られない現地の穴場情報と韓国を理解するための秘訣を貴方に伝授致します。激動する今の韓国を感じて下さい!!

 

 

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

  Takeさんの韓国見聞録      2007.01.14発行  NO.61
 <古くからの友人、韓国をよく理解するための日本人サラリーマン日記>

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www3.to/take3/■


Takeさん@韓国ソウルです。

 正月気分からもすっかり解放され、日本にいる皆様も忙しい毎日を過ごして
いると思います。今年は韓国にとってどんな年になるのでしょうか?黄金の豚
の如く経済的にも大きく飛躍できれば良いですよね。今年の暮れには5年に一
度の大統領選挙が控えています。私が韓国で生活するようになったのは92年
の暮れでしたが、その当時は金泳三(キムヨンサン)大統領の当選に国中が沸
いていた時でした。あれから時が流れ4人目の大統領選挙の時期になったのか
と思うと時間は確実に流れているのを感じます。政治の事はよくわかりません
が、今年の選挙はこれからの韓国にとって非常に重要な気がしてなりません。
まあ、私には永住権はあっても選挙権はないので傍観しているしかないのです
が、いずれにしても有能な指導者が立って欲しいものです。


■本日のサラリーマン日記   「清渓川で今年の大統領選挙を考える」

 去年のクリスマスの夜に家族でソウル市庁前と清渓川(チョンゲチョン)の
イルミネーションを観てきました。清渓川のイルミネーションは初めてだった
のですが、その規模の大きさと美しさにしばらく時間の流れが止まったような
気分になりました。冬の清渓川などは寒いだけで何の良いものがあるのか?
とさほど期待もしていなかった私は本当に感動したのでした。

清渓川は既にご存知の方も多いと思いますが、ソウルの都心に復元された朝鮮
王朝時代の清流です。全長5.8キロ、水深は平均40センチ、橋の数は22
個でソウル中心部の光化門にある清渓広場から始まります。清渓川に関するガ
イドは巷に溢れているので、私は清渓川ができるまでの経緯を少し考えてみよ
うと思います。

http://japanese.seoul.go.kr/chungaehome/seoul/main.htm

韓国に一度でも旅行に来られた方なら江南(カンナム)という言葉は何度か聞
いた事があると思います。しかし、その反対の江北(カンボク)という言葉を
知っている方は本当に少ないのではないでしょうか?読んで字のごとくソウル
市を流れる漢江(ハンガン)を境にして、ソウル市庁を中心とした北側地域を
を江北と呼び、南側の地域を江南と呼んでいます。

88年のソウルオリンピック以降、急激に開発が進んだ江南地域はまさしく急
成長する韓国経済の象徴でもあり、地価高騰などの話題が尽きない地域でもあ
ります。ソウル市民の意識の中にも江南派と江北派のようなものがあり、全羅
道と慶尚道のような対立意識こそはありませんが、微妙な地域感情があるのは
事実です。同じ若い子同士でもデートをする時など江南派と江北派に分かれる
という話を以前に聞いた事があります。

本来、ソウルの中心は江北側にあり李朝時代の大宮や政府の行政機関や大使館
なども江北に集中していいます。外国人が観光に来る場合も大半の時間はこち
らで過ごす事が多いと思います。そのような韓国の中心地域でもあるに関わら
ず、ソウルオリンピックを前後にしてその主導権が江南側に流れて来た感があ
り、特に最近の地価高騰でもわかるように江南に住んでいるというだけで羨望
の眼差しを受けるような、言わば勝ち組を象徴するようなイメージがあるのが
江南なのです。

私のオフィスは2001年暮れまではソウル市庁の近くにあり、その後に今の
江南新沙洞に引っ越してきた経緯があるので、両者の違いというか温度差がよ
くわかります。私の頭の中でも江北というと在来市場があり、道は分かり難く
てゴチャゴチャした下町であるのに対し、江南は区画整理されてとても洗練さ
れたビジネス街のイメージが強いです。

このような二極化現象を何とか食い止めて、江北の威信を復活させようと発案
されたのが、清渓川の復元工事であると言っても過言ではないでしょう。
この大胆なソウル市の改造に成功する事により、これまで江南ばかりに流れて
いた人と物の流れを変える効果はもちろん、ソウル市民の江北に対するイメー
ジが大きく変化してきた事はとても意味が深いと思います。それはすなわち江
南の地価高騰を抑制する効果もあるからです。

私はこの川の流れを見る度に、遥か遠い昔、李氏朝鮮時代の歴史を感じざるを
得ません。韓服を着て偉そうにヒゲを伸ばしている当時の役人達が目に浮かん
できます。そして、今までソウルの中心部にどんよりと溜まっていた雑気とい
うか、膿のようなものが漢江に流れて行くような気がしてならないのです。

この清渓川の復元工事を推進したのは李明博(イ・ミョンバク)前ソウル市長
である事はあまりにも有名です。彼は清渓川の復元をソウル市長選挙の公約に
して当選しました。清渓川の復元には周辺地域の住民を始め、それに関係する
20万人近くの人々を説得する必要がありました。工事が始まる前は誰もが不
可能と思われた大工事を彼は先頭に立って陣頭指揮を執り、わずか2年4ヶ月
程の短期間で工事を成功させてしまったのです。この清渓川の成功により彼は
一躍、韓国の表舞台に出てきた感があります。

李明博の経歴を簡単にお話しますが、彼の生家は決して裕福なものでは無かっ
たようです。働きながら大学を卒業して、36歳の若さにして現代建設の社長
になった話は有名です。当時は中小企業くらいの規模しかなかった現代建設を
韓国を代表する一流企業に押し上げた叩き上げの人物でもあるのです。そのよ
うな建設業界出身の政治家である彼のニックネームは「ブルドーザー」です。

このブルドーザー李明博氏が、今の大統領候補の中で一番人気を獲得している
のも何となく理解できるのです。清渓川の復元工事に見せたカリスマ的な指導
力と実行力を今の韓国は強く望んでいるのではないでしょうか?
来年の今頃には李明博氏が大統領になって、この清渓川を歩く事ができるのか
は神様だけが知ってる事なのでしょう。

最後に私が清渓川に来ると必ずといって良いほど立ち寄る場所があるので紹介
しておきます。清渓川に来るには地下鉄5号線の光化門駅を利用すると便利で
す。5番出口を出て少し歩くと清渓広場が見えてきます。そこから下流に歩き
始めて5番目の橋である「3.1橋(サミルキョウ)」まで歩きます。その橋
を目標に道路に上がるとコーヒービーンというコーヒーショップが目に入りま
す。今の時期のソウルは最高に寒いので3.1橋まで歩いて来る頃には、全身
は冷え切っている事でしょう。そんな時に飲む熱いコーヒーは本当に美味しい
ですよ。このコーヒービーンの裏手にはたくさんの飲食店もあるので、ぜひ立
ち寄ってみる事をお勧めします。




■相互紹介(相互紹介募集中です)

今や星の数程あるインターネットのショッピングモール。韓国関係の商材を取
り扱うサイトも本当に増えてきたと思います。今回、紹介するのは韓国に住ん
でいる日本人アジュマが中心になって運営しているサイトです。ここなら安心
してショッピングできること間違い無しです。皆さん、ヨロシク!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

夢と幸せをお届けする
 韓国発雑貨屋さん 韓国の穴
http://www.kankokunoana.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■編集後記

 ここまで読んで下さり有難うございました。

今日は会社も休みだったので久しぶりに光化門の教保文庫に出かけました。
帰りに美味いトンカツが食べたくなり、いつも行くムギョ洞のトンカツ屋に向
かったのですが、既にそのお店は無くなって他のお店が入っていました。これ
でまたソウルの楽しみが一つ減ってしまったと肩を落としながらトボトボと清
渓川を散歩して来た次第です。そこでは去年のクリスマスにあれ程、美しかっ
たイルミネーションの解体作業が忙しく行われていたのでした。話によると今
月の7日で終わってしまったとの事。来年はどんな素晴らしいイルミネーショ
ンを見れるのか、今から楽しみにしながら清渓川を後にしたのでした。

それでは皆さん、アンニョンヒケセヨ〜!!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

 

 

 

 

 

 


常陸興業株式会社 通訳翻訳事業部

〒300-4244 茨城県つくば市田中715

TEL 029-867-4218

FAX 029-867-2269

(営業時間:平日9:00−17:00)

info@hitachikogyo.co.jp


Copyright(C)2007 HITACHI KOGYO Co.,Ltd. All rights reserved.