常陸興業(株) 通訳翻訳事業部

     韓国語専門の通訳・翻訳サービス。商談通訳、会議通訳、展示会通訳、セミナー通訳、研修通訳など、ビジネス通訳に特化。

logo

通訳翻訳事業部トップページ

会社概要

韓国語通訳

韓国語翻訳

韓国現地での通訳

韓国ビジネスサポート

韓国ビジネス情報

中国語通訳

中国語翻訳

中国ビジネスサポート

ご発注・お支払について

韓国語・ハングルの基礎知識

通訳・翻訳スタッフ募集

サイトマップ

常陸興業株式会社

TEL 029-867-4218

FAX 029-867-2269

お問い合わせ(メール)

茨城エコ事業所登録

  環境方針

個人情報保護方針

 

 

◇◇Takeさんの韓国見聞録◇◇

韓国サラリーマン生活14年目のTakeさんがTVや雑誌、ツアー旅行では決して得られない現地の穴場情報と韓国を理解するための秘訣を貴方に伝授致します。激動する今の韓国を感じて下さい!!

 

 

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

  Takeさんの韓国見聞録      2007.02.24発行  NO.63
 <古くからの友人、韓国をよく理解するための日本人サラリーマン日記>

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www3.to/take3/■


Takeさん@韓国ソウルです。

 昨年の秋夕とは正反対に3日間という超最短の旧正月連休もあっという間に
終わってしまいました。毎年、この時期なると最後の方で凄い寒波が押し寄せ
てくるパターンなのですが、今年はこのまま春に突入するのでしょう。
韓国の学校は3月に新学期が始まるので、日本のように桜の散る中で卒業式や
入学式をするのとは少しイメージが異なります。しかし、これほど暖かくなる
と桜は無理でも地方によっては連翹(ケナリ)の咲く中で入学式を迎える所も
出てくるかもしれませんネ。


 

■本日のサラリーマン日記   「韓国の大型書店巡り」

 韓国に長年住んでいるとある時、無性に日本語の書籍が恋しくなる時があり
ます。これは韓国だけでなく海外生活が長い方は誰でも一度くらいは経験する
のではないでしょうか?私が始めて韓国に来た頃は90年代の初めだったので
、今のように日本の書籍やマンガなどはほとんど触れる事ができない状況でし
た。

元々、私は読書好きで日本に居た時は歴史モノの長編小説が好きだったのです
が、それらが自由に読めないストレスは今でもよく覚えています。そんな時に
唯一、残されたオアシスのような空間が教保文庫という大型書店でした。
教保文庫には外国書籍のコーナーがあり、そこには日本の文庫本や雑誌などが
置かれています。日本で買うよりも割高だし、種類も少ないのですがそれでも
当時は本当に有難かったわけです。

そんなわけで今回のメルマガでは韓国の大型書店を紹介しようと思います。
最近の大型書店は単純な書店の域を脱してDVDや音楽CDはもちろん、文具
や電子辞書など色々な小物まで取り扱う複合百貨店の様相になっています。
以下の略図に示された赤い四角が今回、紹介する書店の位置です。どのお店も
ビルの地下にあるので注意が必要です。

http://www.geocities.jp/korea_faq/No63/map1.jpg

半日もあれば十分に回れる距離ですが、最初からお目当ての書籍がある場合は
事前にネットで調べて書籍番号を控えておいた方が良いでしょう。書籍の量が
多いので一人で探し当てるのは至難の業です。


1)教保(キョボ)文庫 光化門店 http://www.kyobobook.co.kr/

韓国大型書店の元祖的な存在で、その後に出てきた大型書店の原型モデルにな
っています。韓国大型書店の特徴のひとつはワンフロアーにすべての書籍が並
べられているパターンがほとんですが、これも教保文庫の影響でしょう。
売り場面積は2700坪で、約230万冊の書籍を保有しています。ソウル光化門の
教保文庫には「人は本を作り、本は人を作る」という大きな看板が今でもある
のですが、ハングルがようやく理解できた当時にこの看板を見た時はとても新
鮮だった事を覚えています。

http://www.geocities.jp/korea_faq/No63/p1.jpg

教保文庫の1号店ができたのは1981年という事ですが、当時は本当に画期的で
この書店が韓国の読書文化に与えた影響は計り知れないと思います。数年前に
カンナム店がオープンしましたが、こちらのスケールもかなり大きいです。


2)永豊(ヨンプン)文庫 鐘路店 http://www.ypbooks.co.kr/

1992年に開店した永豊文庫鐘路店は、3300坪の売り場に約250万冊の書籍を有
しています。オフィス街の中心にあるのでビジネスマンがよく利用する事でも
知られています。こちらも教保文庫と同様に書籍以外にもCD,パソコンソフ
ト、小物などが豊富にあります。また、韓国でも人気のあったTVドラマ「私
の名前はキムサンスン」やチョインソン主演の映画「卑劣な街」の撮影現場に
なったので、ご存知の方も多いかもしれません。


3)バンディ&ルニス 鐘路タワー店 http://www.bandibook.com/

2005年に開店した新しいタイプの複合大型書店です。売り場面積は2920坪で書
籍の数では前の二店に比べると少なめですが、書店に隣接したレストランや軽
食コーナーが充実しています。地下鉄1号線のチョンガク駅から連結した「ル
ネッサンス広場」では多彩なイベントや週末にはコンサートなども開かれてい
て若いカップルに人気です。また、このお店は他の大型書店に比べて椅子が多
いので気軽に好きな本を楽しむ事ができます。私もソウル市内で人と待ち合わ
せる時は、この書店を指定して待ちぼうけをしても時間の無駄が無いように、
時々利用しています。

これら大型書店に行く場合に注意する事は、週末や祭日は凄い混雑になるので
避ける事です。また、以下のような風景に遭遇しても通行の邪魔になるではな
いか!!と癇癪を起こさないようにしましょう。

http://www.geocities.jp/korea_faq/No63/p2.jpg

http://www.geocities.jp/korea_faq/No63/p3.jpg

私も初めてこの光景に遭遇した時は、ここは図書館なのではないか?と錯覚し
てしまったほどです。最近はそれでもマナーが良くなってきましたが、以前は
子供たちがアイスやジュースを飲みながら読んでいる事もまれでした。そんな
状況なので、書籍を買う時はよく点検する事も必要です。日本ではマンガや雑
誌などは綺麗にラップに包装されている場合が多いし、立ち読みは良くない事
として認識されていますが、韓国の場合はオープンな国民性が反映されている
ためかかなり状況が異なります。

話は少しそれますが、今、韓国では空前の日本書籍ブームが起きていて、日本
の人気小説がハングルに翻訳されて販売されています。特設コーナーを置いて
いるお店も多いのでぜひご覧ください。韓国でもTVドラマ化された「白い巨
塔」の小説版も飛ぶように売れているそうです。また日本のマンガは以前から
人気がありましたが、会社の若い社員の中には「のだめカンタービレ」にはま
っている子もいます。

また、ハングル学習の教材で良いものが見つかるかもしれません。最近は日本
でも多様なハングル教材が手に入りますが、私がハングルの勉強を始めた頃は
、ほとんど見当たりませんでした。中級クラス以上の方はハングルだけの書籍
を読んでも効果があると思います。特に小学生を対象とした童話は読みやすい
のでお勧めです。私も最初の頃はハングル版のイソップ童話が役に立ちました。

今回、紹介したような大型書店はソウル市内だけも20店舗くらいあるそうで
す。どの書店もインターネットで購入できるようになっていますが、週末に大
勢の人々が来るのは単に書物を買いに来るよりも、暇つぶしや散歩気分で来る
方が多いと思われます。また、若いカップルの間では待ち合わせ場所としても
人気のあるデートコースです。

韓国に観光に来ると大抵は観光名所や美味しい韓国料理ばかりに気が取られて
しまいがちですが、書籍は音楽や映画と並んでその国の文化を表現する重要な
役割があると思います。外国語という壁もあり言葉が理解できないので敬遠し
てしまいがちかもしれませんが、現代の韓国文化の香りをたくさん含んだ大型
書店にぜひ足を運んでみる事をお勧めします。思いもよらない掘り出し物が見
つかるかもしれません。



■編集後記

 ここまで読んで下さり有難うございました。

最近、相次いで若い芸能人の自殺が続いています。私の頭の中では韓国人は自
殺に強い、、、というと表現は変ですが、日本に比べると自殺者の少ない国で
あると思っていました。しかし、最近の若い子を取り巻く状況はだいぶ変わっ
てきているのでしょう。原因は色々と噂されていますが、芸人としての人気低
下や自分のファンサイトに書き込まれた誹謗中傷などが挙げられています。
韓国人特有の国民性かもしれませんが、本当に熱しやすくて冷めやすいので自
分の人気を守り続けるのは凄いストレスになるようです。そのように落ち込ん
でいる時に誹謗中傷のレスを見てしまうと心に深い傷を負ってしまうのでしょ
う。インターネットが発達している韓国の影の部分かもしれません。

それでは皆さん、アンニョンヒケセヨ〜!!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

 

 

 

 

 


常陸興業株式会社 通訳翻訳事業部

〒300-4244 茨城県つくば市田中715

TEL 029-867-4218

FAX 029-867-2269

(営業時間:平日9:00−17:00)

info@hitachikogyo.co.jp


Copyright(C)2007 HITACHI KOGYO Co.,Ltd. All rights reserved.