常陸興業(株) 通訳翻訳事業部

     韓国語専門の通訳・翻訳サービス。商談通訳、会議通訳、展示会通訳、セミナー通訳、研修通訳など、ビジネス通訳に特化。

logo

通訳翻訳事業部トップページ

会社概要

韓国語通訳

韓国語翻訳

韓国現地での通訳

韓国ビジネスサポート

韓国ビジネス情報

中国語通訳

中国語翻訳

中国ビジネスサポート

ご発注・お支払について

韓国語・ハングルの基礎知識

通訳・翻訳スタッフ募集

サイトマップ

常陸興業株式会社

TEL 029-867-4218

FAX 029-867-2269

お問い合わせ(メール)

茨城エコ事業所登録

  環境方針

個人情報保護方針

 

 

◇◇Takeさんの韓国見聞録◇◇

韓国サラリーマン生活14年目のTakeさんがTVや雑誌、ツアー旅行では決して得られない現地の穴場情報と韓国を理解するための秘訣を貴方に伝授致します。激動する今の韓国を感じて下さい!!

 

 

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

  Takeさんの韓国見聞録      2007.03.11発行  NO.64
 <古くからの友人、韓国をよく理解するための日本人サラリーマン日記>

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www3.to/take3/■


Takeさん@韓国ソウルです。

 最近、ソウルでは「4月の雪」ならぬ3月の雪に見舞われています。もちろ
ん雪は直ぐに溶けて無くなってしまいますが、寒さが逆戻りしてしまった感が
あります。数日前に春の訪れを告げるケナリ(連翹)の開花予想が発表されま
したが、今年は例年よりも暖冬と言うことで、ソウルの開花は3/27頃との
事です。しかし、最後の方になって急に寒くなったので、もう少し遅れるかも
しれませんね。いずれにしてもあと少しでケナリの季節に入り、春はすぐそこ
まで来ているのだと思います。


■本日のサラリーマン日記   「街道をゆく 韓のくに紀行を読んで」

 旧正月の連休で日本に帰省した時に、自宅の近所に新しくできたブックオフ
で司馬遼太郎の「街道をゆく 韓のくに紀行」を手に入れました。前回のメル
マガで私が歴史小説好きである事をお話ししましたが、司馬先生はその中でも
一番好きな作家の一人でもあります。

読み始めてみると司馬先生がこの本を出版するために韓国を訪れたのが1971年
である事に驚きました。日本の植民地支配から解放されて26年、日韓修好条
約が成立して、わずか6年後に韓国を訪問している事になります。今でこそ韓
流ブームとか言われ注目されている韓国ですが、その当時の状況は私にも想像
ができません。この本を読んでいると司馬先生が韓国(ここではあえて朝鮮と
表現した方が良いかと思いますが)にかなり入れ込んでいた事がわかります。

http://www.geocities.jp/korea_faq/No64/070609-1.jpg

そもそも私がこの本を読んでみたかった一番の理由は、今から400年程前に
秀吉が朝鮮半島に侵略してきた時に、約3000人の部下を引き連れて帰化し
てしまったと言われる沙也可(サヤカ)という人物に関して詳しく知ってみた
いという思いからでした。当時、沙也可は日本にしかない鉄砲技術を朝鮮軍に
伝授し、自らも秀吉軍と交戦して大きな成果を収めたと伝えられています。

沙也可という単語がいつの日から私の頭の中にインプットされたのか、よく覚
えていないのですが、何故か私の頭の片隅にじっとしまい込まれている、、、
そんな感覚を今に至るまで持っていました。

私の家内の故郷が全羅北道で、以前にお世話になっていた会社が慶尚南道の昌
原(チャンウォン)にあった事から、新婚当時は全羅道と慶尚道の間をよくド
ライブしたものでした。ある時、道に迷ってしまい適当に走っていたら日本で
よく見かけるような段々畑のようなものが視界に広がってきて、一瞬、日本の
田舎道を走っているような感覚に襲われたのですが、後から考えるとあそこが
沙也可が暮らしていた村かもしれない、、、という思いが常にあったのです。

その後ソウルに来てしまったので確認したわけではないのですが、今回、この
本を読んでみて、ぜひ友鹿洞(ウロクトン)という沙也可の村に行ってみたい
という気持ちが強くなりました。

沙也可の村に行った時に、司馬先生は村の長老とも言える人物に出会うわけで
すが、その長老から「こっちからも日本(むこう)へ行っているだろう。日本
からもこっちへ来ている。べつに興味をもつべきではない」と淡々と言われて
しまい、その老翁のにべもなさが可笑しく、声をあげて笑ってしまったと感想
を残しています。

http://www.geocities.jp/korea_faq/No64/2.jpg

http://www.geocities.jp/korea_faq/No64/3.jpg

私はこの老翁の言葉にこれからの日韓関係を考える上で、とても大切なメッセ
ージが隠されているような気がしてなりません。とかく肩に力が入ってしまう
日韓関係ですが、とりわけ私のようにこちらで生活している日本人にとっては
何とも意味深く、ある意味で勇気と希望を与えてくれるものでもあります。
おそらくこの老翁も祖先が日本から来たと言う事で、若い頃は色々な葛藤や悩
みもあったのではないか?と推察されるからです。

この本の出版以来、沙也可が暮らしていた友鹿洞には多くの日本人観光客が来
るようになったと聞いていますが、私の場合はそのような観光客とはまた別の
視点から沙也可という人物を考えてしまいます。

私から見ると日韓国際カップルの元祖のような存在なので、当時、どのように
暮らしていたのかとても興味深く、今のように電話やインターネットで連絡も
取れないような状況の中で、異国の地で死んでいく沙也可はどのような気持ち
だったのだろうか?後悔などしなかったのか?などなど興味は尽きません。

また、この本の中でも詳しく紹介されていますが、663年の白村江(はくす
きのえ)の戦いで当時の百済人が日本に亡命して以来、多くの渡来人と呼ばれ
る人が日本に訪れるわけですが、彼らの多くはいつかは祖国の再興を願ってい
たであろうし、追い出した新羅に深い恨みを持っていたと思われます。それら
の怨念が秀吉の侵略や植民地時代の遠からぬ遠因になっているような気もする
のです。

http://www.asuka-tobira.com/hakusonkou/hakusonkou.htm

国際結婚というのは観方を少し変えると、現代版の最も合法的で安全な韓国進
出の手段と言って良いのかもしれません。それを先がけて実践したのが沙也可
一族であったとも言えるのではないでしょうか?

私が韓国人女性と結婚する事になり、日本から両親が挨拶のために初めて韓国
に訪れた時に、義父が案内してくれたのが扶余(プヨ)だったのです。典型的
な全羅道人である義父にしてみれば、百済国滅亡の都となった扶余を最初に見
せておきたかったのでしょう。扶余の都は新羅との戦いのために何の跡形も残
っていないのですが、それでも唯一の遺跡である百済塔と呼ばれる石造五重塔
を見学しました。それを見た時の何とも懐かしいものを眺めるような父親の顔
を今でもよく覚えています。

この本を読むと改めて日本と朝鮮との古くからの関係や歴史を垣間見る事がで
きます。「歴史」とか言うと中学や高校の授業で苦労した方には耳が痛いと思
いますが、司馬先生は加羅、新羅、百済の旧跡を尋ねながら、その昔、日本と
か韓国などという国家が成立するはるか以前から交流があった事を紹介してい
ます。そして「日本人はどこからきたのか?」という問いに、大きな示唆を与
えてくれるでしょう。

韓流ブームに乗って日本では多くの韓国に関するガイド本が出版されています
が、表面的なグルメや観光地案内とは異なる観点から実に深い内容があります
。これから韓国に来られる方も、また行って来られた方にもぜひ、お勧めの一
冊だと思いました。



■編集後記

 ここまで読んで下さり有難うございました。

今回は歴史的な事にも触れているので、不快な思いをさせてしまった方もいる
かもしれません。中年オヤジの妄想だと思って大目に見て下さい。韓国に長く
いると、日本からやって来る色々な方と接するわけですが、直ぐに溶け込んで
しまう人とそうでない人に分かれるのが興味深いです。商談とかをしていても
いつも喧嘩腰になってしまう方とそうでない場合に分かれるのです。そのよう
な姿を横目で見ながら、我々の眼では見る事ができない不思議な因縁のような
ものを感じてしまうのです。

それでは皆さん、アンニョンヒケセヨ〜!!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

 

 


常陸興業株式会社 通訳翻訳事業部

〒300-4244 茨城県つくば市田中715

TEL 029-867-4218

FAX 029-867-2269

(営業時間:平日9:00−17:00)

info@hitachikogyo.co.jp


Copyright(C)2007 HITACHI KOGYO Co.,Ltd. All rights reserved.