常陸興業(株) 通訳翻訳事業部

     韓国語専門の通訳・翻訳サービス。商談通訳、会議通訳、展示会通訳、セミナー通訳、研修通訳など、ビジネス通訳に特化。

logo

通訳翻訳事業部トップページ

会社概要

韓国語通訳

韓国語翻訳

韓国現地での通訳

韓国ビジネスサポート

韓国ビジネス情報

中国語通訳

中国語翻訳

中国ビジネスサポート

ご発注・お支払について

韓国語・ハングルの基礎知識

通訳・翻訳スタッフ募集

サイトマップ

常陸興業株式会社

TEL 029-867-4218

FAX 029-867-2269

お問い合わせ(メール)

茨城エコ事業所登録

  環境方針

個人情報保護方針

 

 

◇◇Takeさんの韓国見聞録◇◇

韓国サラリーマン生活14年目のTakeさんがTVや雑誌、ツアー旅行では決して得られない現地の穴場情報と韓国を理解するための秘訣を貴方に伝授致します。激動する今の韓国を感じて下さい!!

 

 

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

  Takeさんの韓国見聞録      2007.05.19発行  NO.67
 <古くからの友人、韓国をよく理解するための日本人サラリーマン日記>

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www3.to/take3/■


Takeさん@韓国ソウルです。

 5月17日に日本映画「涙そうそう」が韓国で封切りされました。夏川りみの
歌は私も好きだったので、内容はよくわからずにさっそく観て来ました。
冒頭でキョンキョンこと小泉今日子の名前を見つけた時は、思わず嬉しくなっ
て胸がドキドキしたのですが、映画が終わってもキョンキョン役が誰なのか判
らなかった次第です(泣)。自宅のパソコンで検索してようやくわかりまた。
お互いに歳はとりたくないものですね、、、、

映画の舞台は沖縄という事なのですが、日本の中では沖縄が一番、韓国と近い
なと〜感じました。私は沖縄には一度も行ったことがありませんが、市場の活
気とか音楽のリズムなど、韓国文化とかなり共鳴する部分があるような気がし
ます。


■本日のサラリーマン日記   「韓国の3大テーマパーク事情」

 韓国の3大テーマパークと言えば「エバーランド」「ロッテワールド」「ソ
ウルランド」の御三家が挙げられると思います。既に5月5日の子供の日は過
ぎてしまいましたが、毎年この時期になるとどこに行くのか家族会議を開き、
実際に行ってみると凄い人ごみに圧倒され、長い行列に嫌気がさして来年は絶
対に行かないことにしよう!!となるのですが、それでも毎年のように足を運
んでしまうのが韓国のテーマパークなのかもしれません(日本も同じでしょう
か?)

以下にそれぞれのサイトと自由利用券という所謂、入場料込みのフリーパスの
料金を入れておきました。どれも日本語サイトを準備している事から、日本か
ら来る観光客も積極的に取り込んでいこうとする意気込みが感じられます。
最近のウォン高を考慮しても、まだまだ日本に比べたら安く利用できるのでは
ないでしょうか?詳しい事は各社のサイトにお任せするとして、ここでは私な
りに感じる事を書いてみようと思います。


1)エバーランド(大人34,000ウォン 子供25,000ウォン)
http://www.everland.com/MultiLanguage/japanese/

アトラクションの多さや広さから言っても、韓国で最も代表的なテーマパーク
であると言えます。以前は自然農園と呼ばれる、花や農産物を中心とした田舎
の公園を、三星(サムソン)グループが買い取って、根本的に改造しました。
東京ディズニーランドをかなり意識して設計されているのがわかります。

私も東京ディズニーランドは何度か遊びに行った事があるのでよく知っていま
すが、規模の大きさや充実したアトラクションはエバーランドに軍配が上がる
と思っています。ただ、ソウル市内から少し離れた所に位置しているために、
外国から来る観光客にとっては、少し敷居が高いかもしれません。

ちなみにテーマパークとは別途ですが、私の息子は「カリビアンベイ」と呼ば
れる世界最高規模のプールが一番面白いと言っています。


2)ロッテワールド(大人34,000ウォン 子供25,000ウォン)
http://www.lotteworld.com/Global_japan/

蚕室(チャムシル)にあるロッテホテルの横にあるので、日本人にとっては一
番、馴染みのあるテーマパークかもしれません。地下鉄に乗って簡単に行ける
ので、若いカップルにも人気のスポットです。ここの最大の特徴はドーム型の
遊園地で、真冬の寒い時でも利用できるのがグッドです。韓国の冬は日本に比
べるとかなり寒いので、エバーランドやソウルランドは真冬に入場者数が減っ
てしまう傾向にありますが、ロッテワールドは1年を通じてお客の数が減りま
せん。

ただ、最近のニュースでは施設の管理がお粗末で天井から壁が落ちてきたりと、
色々と物議を醸し出している事でも有名です。私が韓国に来た頃は出来たばか
りで輝いていましたが、最近は老朽化も進んでいるようです。それと他の二つ
と比べると、敷地面積が狭く、息が詰まるような気がして私はあまり好きでは
ありません。


3)ソウルランド(大人28,000 ウォン 子供21,000ウォン)
http://www.seoulland.co.kr/jpn/index.html

ソウル近郊にありながら、地下鉄4号線でソウル駅から30分程で行けるので
非常に便利です。清渓(チョンゲ)山の麓に位置するソウル大公園は、ソウル近
郊とは思えない豊かな自然と調和したテーマパークで、遠くに冠岳山を眺めな
がら楽しむスカイXはスリル満点です。スカイXは2〜3人を一まとめに地上
50メートルの高さにまで上げた後、急降下するアトラクションで、別途料金
として1人15,000 ウォンが必要ですが、ぜひチャレンジしてみてください。

この他に国立現代美術館という美術館があり、韓国の近代美術作品を所蔵・展
示しています。世界的に有名なナムジュンの作品も展示してあり、野外庭園に
は彫刻作品もあって、ゆっくりと散歩しながらアートの世界を楽しむのも良い
かと思います。私は以前にここから近い果川(カチョン)市に住んで居た事も
あり、暇を見つけてはよくこの美術館に足を運んだ事が懐かしいです。

以上が私の個人的な感想なのですが、この3つのテーマパークに共通した面白
い現象があるので触れておきます。韓国ではクレジットカードや携帯電話のメ
ンバーシップカードを持っていると、色々な特典が付いていて、入場料を無料
にしてくれたり、50%の割引とかもあります。そこで入場料を払う時は少し
でも低料金で入場しようとするアジュマたちが、分厚い財布からあれこれとカー
ドを総動員して、少しでも安く済ませようと修羅場を見ることができます。

入場料を支払う場所を注意深く観察すると、カードのサンプルが並べられてい
てどのような特典があるのか詳細に説明してあるので、機会があればご覧くだ
さい。これがあるために韓国では入場料を払う段階で結構、待たされたりしま
す。このような割引制度が色々とあるので、定価で入場するのは何も知らない
外国人観光客くらいなのではないか?と私は思っています。


最後に私が穴場テーマパークと思っている場所を一つ紹介します。それはソウ
ル市広津区(クァンジング)にあるオリニ(子供)大公園です。テーマパーク
という概念が定着する遥か以前から存在した、韓国の老舗遊園地です。開園が
1973年5月5日という事なので、いかに歴史のある遊園地であるかわかります。

http://www.childrenpark.or.kr/

私がなぜここを気に入っているかというと、圧倒的なコストパフォーマンスと
回転率の高さです。今回、紹介した3大テーマパークは週末になるともの凄い
人出となり、人気アトラクションは長蛇の列で長い時間を待たされるわけです
が、ここではそのような事はめったにありません。

入場料が無料の上にフリーパスが大人21,000ウォン、子供17,000ウォンです。
どのアトラクションも待ち時間がほとんど無いので、この料金で3倍以上は楽
しむ事ができます。また施設がいかにも古びていてレトロな雰囲気も気に入っ
ています。子供の頃、両親に連れていってもらった遊園地を彷彿とさせてくれ
ます。

最近は息子の方が物足りなくて行かなくなりましたが、ジェットコースターの
5連続乗りなど、NASAの宇宙飛行士訓練学校ばりの特訓を受ける事も可能です。
行き方はソウル地下鉄7号線「子供大公園(オリニデゴンウォン)」駅か、5
号線「峨嵯山(アチャサン)」駅で降りれば直ぐにわかると思います。

最近、日本の某テーマパークで死亡事故がありましたが、韓国でも似たような
状況です。特に地方にあるテーマパークは注意が必要でしょう。今回、紹介し
たテーマパークでも私に言わせるとかなり安全基準が甘いような気がします。
そのような意味では日本に比べたら、別の意味でスリル満点かもしれません。


それでは皆さん、アンニョンヒケセヨ〜!!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

 

 

 

 

 


常陸興業株式会社 通訳翻訳事業部

〒300-4244 茨城県つくば市田中715

TEL 029-867-4218

FAX 029-867-2269

(営業時間:平日9:00−17:00)

info@hitachikogyo.co.jp


Copyright(C)2007 HITACHI KOGYO Co.,Ltd. All rights reserved.