常陸興業(株) 通訳翻訳事業部

     韓国語専門の通訳・翻訳サービス。商談通訳、会議通訳、展示会通訳、セミナー通訳、研修通訳など、ビジネス通訳に特化。

logo

通訳翻訳事業部トップページ

会社概要

韓国語通訳

韓国語翻訳

韓国現地での通訳

韓国ビジネスサポート

韓国ビジネス情報

中国語通訳

中国語翻訳

中国ビジネスサポート

ご発注・お支払について

韓国語・ハングルの基礎知識

通訳・翻訳スタッフ募集

サイトマップ

常陸興業株式会社

TEL 029-867-4218

FAX 029-867-2269

お問い合わせ(メール)

茨城エコ事業所登録

  環境方針

個人情報保護方針

 

 

◇◇Takeさんの韓国見聞録◇◇

韓国サラリーマン生活14年目のTakeさんがTVや雑誌、ツアー旅行では決して得られない現地の穴場情報と韓国を理解するための秘訣を貴方に伝授致します。激動する今の韓国を感じて下さい!!

 

 

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

Takeさんの韓国見聞録      2007.09.17発行  NO.71
 <古くからの友人、韓国をよく理解するための日本人サラリーマン日記>

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www3.to/take3/■


Takeさん@韓国ソウルです。

 先週の週末は台風の為に天気は最悪だったのですが、今日は台風一過で清々
しい青空が広がっています。私のいる江南のオフィスからは、遠くに北漢山や
道峯山の山並みを綺麗に見ることができます。

中国からの黄砂や慢性的なスモッグのために、青空を見れる日が本当に珍しく
なってしまった感がありまりが、これからの数ヶ月間は少しでも多く、このよ
うな青空を眺めていたいものですネ。韓国に観光に来られるならば、やはりこ
れからの時期がお薦めではないかと思います。


■本日のサラリーマン日記   「韓国のオートバイ事情」

 「日本にあって、韓国に無いものを挙げて下さい」という質問があれば、私
なら「革ジャンに黒髪をなびかせて、大型バイクで疾走するアガシ」と答えま
す。今年で韓国生活15年目に突入した私ですが、今まで一度もこのようなアガ
シ(若い女性)を目撃した記憶がありません。

日本なら箱根や湘南辺りに行くと、自分の体よりも大きいバイクを颯爽と運転
している若い女性をたまに見かけますが、韓国ではまだまだその域には達して
いないようです。しかし、ここ数年で韓国のバイク事情がかなり変化してきま
した。

というわけで今回は、韓国のオートバイに関する話をしたいと思います。
バイクに関心の無い方には面白くないかもしれませんが、日本に居た頃はバイ
クのツーリングが趣味だった私にとって、韓国のバイクを見る度に様々な思い
を巡らせていました。お国が異なるとこうも違うのかと思わされる事が多いで
す。

韓国のバイクに関しては、大きく分けて以下の三つのタイプが挙げられます。

1)最初のキーワードは「配達」です。彼らは生きるために今日も必死に走っ
ています。前回のメルマガでチキンの配達の話が出ましたが、中華料理やピザ
など配達文化の発達した韓国では、絶対に必要不可欠な存在なのです。
彼らが使うバイクは100CCクラスのもので、日本のスーパーカブのようなバイ
クですが、100CCあるので結構パワーもあります。

また、「配達」でもうひとつ忘れてはならないのは「クイック」と呼ばれる、
即配サービスです。書類や小さい荷物を運んでくれるもで、これは渋滞の激し
いソウル市内で活躍します。我々、ビジネスマンにとっては非常に頼りになる
味方です。クイックのアジョシに受け取り先の携帯番号だけ教えてあげれば、
どんな所でも探し出して、数時間のうちに配達してくれるのです。

彼らの使っているバイクは、韓国の二大バイクメーカーであるデーリムかヒョ
ーソンから出ている、200〜400CCクラスのバイクが主流です。かなり危険な
速度で爆走して、ヘルメットに携帯電話を固定し、話をしながら走行するとい
う離れ技も披露してくれます。「配達は」は時間が勝負なので、信号無視はも
ちろん、歩道でもガンガン走りますから海外からの観光客は注意が必要です。

2)次に挙げたいのは「中年ブルジョアハーレー族」です。これはごく少数で
すが、私が韓国に始めて来た頃から健在でした。ハーレーやBMW、ホンダな
どの超高級バイクを愛用していて、いつもピカピカに磨きをかけています。

彼等は自分の奥さんよりもバイクが大切で、週末になるとソウルから春川に向
かう、国道46号線辺りで多く見かける事ができます。この手の趣味は日本では
当たり前のようにありますが、韓国の場合は前にも挙げたように、若いアガシ
でこれをやっている方を見た事がありません。

3)最後に紹介したいのが、ここ数年で急増したおしゃれなミニバイクです。
無断変速で運転のし易いスクータータイプが大流行しています。国内メーカー
もそれなりに頑張っていますが、日本からの輸入品をかなり見かけます。

「ローマの休日」ではないですが、ノーヘルで後ろに可愛いアガシを乗せて、
優々と走っていたりします。私は車の中から見ていて怖くなりますが、韓国で
は日本程にヘルメットに厳しくないので、この手の連中をよく見かけます。
ただ、原則的には違反なのでたまに捕まっている場面も目撃します。

そして、バイクと言えば一昔前までは男の乗り物という印象がありましたが、
最近はこの手のおしゃれミニバイクに乗る若いアガシが激増している事です。
韓国では儒教の精神から、若い女性が自転車などに乗るのは、恥ずかしい事で
あるという固定観念が強く、その影響で自転車に乗れない中高年のアジュマは
沢山います。その昔は若い女の子がバイクに乗るのはタバン(韓国の喫茶店)
のアガシくらいしか居なかったのですが、最近は本当に変りました。

それ以外に補欠ということで「暴走族」を挙げたいです。韓国にも暴走族はあ
りますが、これが実に子供のようで可愛いです。バイクは国産の安物で大きく
ても250CCくらいが主流です。群れていてもせいぜい20人くらいの小集団で、
日本程の迫力はありません。機会があれば、彼らを湘南の江ノ島あたりに招待
して、ホンモノの暴走族を見学させてあげたいです。

韓国のバイクのメッカは地下鉄4号線の忠武路駅周辺です。日本やヨーロッパ
、アメリカからの輸入バイクもかなり展示されているので、私もたまに近くま
で行く用事があると、つい寄り道してしまいます。

日本に居ると実感できないと思いますが、日本のバイク技術は世界のトップク
ラスです。韓国でも高い評価を受けていて、私が日本人であるとわかると羨望
の眼差しで見られる事が多く、私も鼻高々になってしまう事がありました。

私が愛用していたホンダCB400は、韓国でも人気があって、まだ韓国語が
満足にできなかった頃でも、バイクという共通のテーマでかなり盛り上がった
事を記憶しています。

私も韓国でバイクを購入してツーリングに行こうと、何度も誘われましたが、
韓国では未だに高速道路では乗れないのと、バイクそのものの社会的地位が低
い事もあり、韓国でのツーリングは諦めている次第です。

韓国ではまだまだ「大きいモノ」が好まれる傾向があります。97年のIMF危
機の頃は、ソウルでも軽自動車を多く見かけましたが、最近は本当に姿を消し
た感があります。この大きいモノ好きはこれからも続いていくと思いますが、
そのような中でも確実に若い層を中心に考え方が、変化している事をオートバ
イ一つを見ても感じるこの頃です。

最近の日本の若者の間では、自動車が売れなくなってきたというニュースを耳
にしましたが、韓国の若い衆の考え方も確実に変化しているのでしょう。
日本は小さくて可愛いモノが好まれる傾向がありますが、それだけ両国の交流
が活発化してきて、お互いの思考方法に影響を与えているのだと思います。



■編集後記

 ここまで読んで下さり有難うございました。

実は先週の土日は釜山の方に行って参りました。ビジネスではないのですが、
私の仲良しの友人のお願いで、日本から来るお客さんの観光案内をして欲しい
という依頼でした。

この方は韓国の古代遺跡やお墓に関心のある方なのですが、以前にメルマガ(
No.64)で取り上げた「沙也可」の事をお話したら、ぜひ行って見たいとの事。

http://blog.mag2.com/m/log/0000138478/108335095.html


釜山駅前でレンタカーを借りて、沙也可の眠る友鹿洞(ウロクトン)まで行っ
て参りました。台風前の激しい雨と風の中でしたが、何とかお墓参りもできて
、体力は消耗しましたが、有意義な小旅行を満喫してきました。

それでは皆さん、アンニョンヒケセヨ〜!!



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

 

 

 


常陸興業株式会社 通訳翻訳事業部

〒300-4244 茨城県つくば市田中715

TEL 029-867-4218

FAX 029-867-2269

(営業時間:平日9:00−17:00)


Copyright(C)2007 HITACHI KOGYO Co.,Ltd. All rights reserved.