常陸興業(株) 通訳翻訳事業部

     韓国語専門の通訳・翻訳サービス。商談通訳、会議通訳、展示会通訳、セミナー通訳、研修通訳など、ビジネス通訳に特化。

logo

通訳翻訳事業部トップページ

会社概要

韓国語通訳

韓国語翻訳

韓国現地での通訳

韓国ビジネスサポート

韓国ビジネス情報

中国語通訳

中国語翻訳

中国ビジネスサポート

ご発注・お支払について

韓国語・ハングルの基礎知識

通訳・翻訳スタッフ募集

サイトマップ

常陸興業株式会社

TEL 029-867-4218

FAX 029-867-2269

お問い合わせ(メール)

茨城エコ事業所登録

  環境方針

個人情報保護方針

 

 

◇◇Takeさんの韓国見聞録◇◇

韓国サラリーマン生活14年目のTakeさんがTVや雑誌、ツアー旅行では決して得られない現地の穴場情報と韓国を理解するための秘訣を貴方に伝授致します。激動する今の韓国を感じて下さい!!

 

 

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

Takeさんの韓国見聞録      2007.11.30発行  NO.73
 <古くからの友人、韓国をよく理解するための日本人サラリーマン日記>

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www3.to/take3/■


Takeさん@韓国ソウルです。

 日本に来て早くも一ヶ月程が経過しました。最近、楽しみの一つになったの
がミスタードーナツのカフェオレです。韓国に居た頃はダンキンドーナッツの
コーヒーが好きでよく飲んでいましたが、ミスドの味は私に合っている上、何
杯でもお替り自由というのが実に感動的です。
さらにカロリーゼロの砂糖が付いていたりして、その辺のサービスの深さでは
まだまだ日本に軍配が上がるなぁ、、、と今更ながら感じています。


■本日のサラリーマン日記   「クレジットカードで見る日韓文化考」

 前回のメルマガで紹介した携帯電話の話では、沢山の方から感想を頂きまし
た。今回は携帯電話に並ぶ韓国人の必需品「クレジットカード(以下カード)」
に関してお話したいと思います。

日本で生活を始めて気がつくのは、近所のスーパーや雑貨店などでカード未対
応のお店が多い事です。その上、消費税があるので財布の中は小銭で一杯にな
り、韓国で生活して頃に比べると実に不便です。韓国ではお菓子やジュースな
どの小額でもカードで決済できたので、財布の中は数枚のお札とカードだけあ
れば十分でした。

日本では買い物をしてレジでの計算を待っている時でも、カードを使う方より
も現金で決済する方が圧倒的に多いのです。私の住んでいる所が田舎だからな
のか? と思ったら、都内でも同じような感じです。私がネットで調べたら両
国でのカードの普及率は日本が8%、韓国が58%という事なので、その差は
かなりある事がわかりました。これは単純にカード決済に関するインフラの問
題ではなく、携帯電話と同じように、両国の国民性が実によく現れていると言
えるのではないでしょうか?

実は韓国社会でカードが使われ始めたのは、ごく最近の事なのです。私が韓国
に来た93年当時はカードを使っている人をあまり見かけなかったし、カード
が使えるお店そのものがほとんどありませんでした。

カードが本格的に普及し始めたのは、97年のIMF通貨危機以降で、時の金
大中政権が内需の促進を促すために、カードに関する規制を大幅に緩めて、国
民がカードを使うことを奨励したためです。

それまで韓国でカード会社と言えば、老舗のBCカードくらいで一部のブルジョ
ワ階級だけに限られていたましたが、98年くらいからカード顧客獲得大戦争
に突入し、現在では無数のカードが出回っています。

今でもよく覚えていますが、当時の顧客獲得戦争は社会問題にもなるくらい過
激なもので、有名百貨店、銀行、地下鉄の駅、果ては路上など至る所でカード
会員の獲得キャンペーンが展開されました。私の家内も豪華な賞品と年会費無
料の言葉に誘われて、何枚もカードを作って財布の中がパンパンになってしまっ
たものです。

当時の審査基準は実にいい加減で、犬やネコにでもカードを発給しそうな勢い
でしたが、私のような外国人には非常に冷たく、何度かお願いしましたが、私
名義のカードを発行してくれる会社はありませんした。2002年の日韓ワー
ルドカップが終わる頃になって、私の事をよく知っている取引先銀行の担当者
が作ってくれた事を、今でもよく覚えています。

それまでは仕方なく私は、家内のカードをしばらく使っていました。日本なら
このような事は厳禁だと思いますが、韓国では本人確認などしないで、ミミズ
の這ったようなサインでもまったく問題にする事なく決済できます。この癖が
抜けずに日本でこれをやってしまったところ、お店のお姉さんに注意されたの
で、今はしっかりと名前を書くことにしています。

話が少し横道にそれてしまいましたが、カードが韓国社会に普及し始めた時、
私が思ったことは「韓国人にカードを持たせるのは危険だなぁ、、、」という
事でした。

理性で自分の行動を制限してしまう日本人に対して、理性よりも感情が優先し
てしまうのが韓国人だからです。これが日本人に比べて、人情味に厚く良い面
も沢山あるのは、私もよく知っているのですが、これも時と場合によっては短
所になってしまうものです。欲しいものや食べたいモノがある時、手持ちの現
金が無ければ諦めもつきますが、カードというのは実に恐ろしいモノです。

また、韓国では大勢で食事をした時でも割り勘を好まない習慣から、つい魔法
のカードを使ってしまう場合が多いのです。現金よりもカードの方がおごられ
た方も、負担が少ないのがカードの怖いところではないでしょうか?
日本なら割り勘が定着して当たり前なので、返って自分が会計役となり、自分
のカードで決済をしておいて、後で友人から現金を貰った方が、キャッシュフ
ローという観点から見ると、カードは心強い味方なのかもしれません。

また、これは考え過ぎかもしれませんが、私が思うに韓国人は朝鮮半島の地理
的条件により、古来から多くの侵略を経験してきた騎馬民族です。日本のよう
な農耕民族とは違い、計画を立てて実行する余裕はなく、その場の状況を打開
するためならどんな手段でも使って生き延びてきた歴史があります。資金繰り
に困ってしまった時に、カードに頼ってしまう事に対しても抵抗がないのかも
しれません。

もちろんこのような状況は、どこの国でもあると思われますが、韓国ではその
傾向が強いと言えるでしょう。その為にカード破産はもちろん、貸し倒れする
カード会社も後を絶たず社会問題になっています。

本来、儒教の精神からカードは借金と同じで忌嫌われていた傾向もありました
が、今ではそのような風潮は無くなり、今この瞬間も沢山のカードが発行され
ているのが実情です。

最近、ロバートキヨサキの「金持ち父さん、貧乏父さん」を読んでみたのです
が、日本も韓国と同じように、小さい頃から「お金」に関する教育がほとんど
されていないので、日本も含めてこの手の教育や啓蒙は、本当に必要であると
痛感しています。


■編集後記

 ここまで読んで下さり有難うございました。

今回はお金に関するお話でしたが、如何だったでしょうか?
お金と言えば、韓国でもとうとう10万ウォン札と5万ウォン札が登場する事
が決まりました。

http://www.chosunonline.com/article/20071105000008


私が韓国でカードを使っていた理由は、小銭の発生とお札で財布がパンパンに
なる事を防止したかったからです。皆さんも韓国を旅行していて不便に感じた
事は無かったでしょうか?この10万ウォン札の登場で、この問題はかなり改
善されるでしょう。できれば私が韓国に居る間に発行して欲しかったですね。

ついでにお話しますが、韓国では現金と同様に、「スピョ(手票)」と呼ばれる
銀行の小切手を持つ方が大勢います。実は日本に帰国した後に、カバンを整理
していたら10万ウォンのスピョが2枚出てきました。日本では単なる紙切れ
同様なので、次に韓国に行く時は必ず持参しないといけないな、、、
と肝に銘じている次第であります。

それでは皆さん、アンニョンヒケセヨ〜!!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

 

 

 


常陸興業株式会社 通訳翻訳事業部

〒300-4244 茨城県つくば市田中715

TEL 029-867-4218

FAX 029-867-2269

(営業時間:平日9:00−17:00)


Copyright(C)2007 HITACHI KOGYO Co.,Ltd. All rights reserved.