常陸興業(株) 通訳翻訳事業部

     韓国語専門の通訳・翻訳サービス。商談通訳、会議通訳、展示会通訳、セミナー通訳、研修通訳など、ビジネス通訳に特化。

logo

通訳翻訳事業部トップページ

会社概要

韓国語通訳

韓国語翻訳

韓国現地での通訳

韓国ビジネスサポート

韓国ビジネス情報

中国語通訳

中国語翻訳

中国ビジネスサポート

ご発注・お支払について

韓国語・ハングルの基礎知識

通訳・翻訳スタッフ募集

サイトマップ

常陸興業株式会社

TEL 029-867-4218

FAX 029-867-2269

お問い合わせ(メール)

茨城エコ事業所登録

  環境方針

個人情報保護方針

 

 

◇◇Takeさんの韓国見聞録◇◇

韓国サラリーマン生活14年目のTakeさんがTVや雑誌、ツアー旅行では決して得られない現地の穴場情報と韓国を理解するための秘訣を貴方に伝授致します。激動する今の韓国を感じて下さい!!

 

 

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

Takeさんの韓国見聞録      2008.01.06発行  NO.75
 <古くからの友人、韓国をよく理解するための日本人サラリーマン日記>

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www3.to/take3/■


Takeさん@韓国ソウルです。

 少し遅れましたが、明けましておめでとうございます。
2008年が新しくスタートして、決意も新たにしている方も大勢いるかと思
います。お蔭様で私は15年ぶりに日本のお正月を堪能する事ができました。
お節料理や腰のあるお餅で作るお雑煮は、やはり日本の味だと痛感しています。
また、ソウルではこの時期は零下の世界ですが、私の住んでいる木更津は本当
に暖かくて、別世界のようです。正月気分もそろそろ抜ける頃ですが、今年も
お互いに頑張って行きましょう!!


■本日のサラリーマン日記   「蔘鷄湯の思い出」

 日本でしばらく生活していると、食べたくなるのが韓国料理です。毎日、当
たり前のように食べてきたキムチは、韓国に居た頃は水や空気のようにあった
わけですが、日本では美味いキムチを食べる事が、どれほど難しいのか身に染
みて感じている今日この頃です。

実は今回、クリスマスを前後にして4日ほどソウルに行って来ました。キムチ
はもちろんの事、久しぶりに美味い蔘鷄湯が食べたくなり、数年ぶりに馴染み
のお店にも行って来ました。

ウィキペディアで「蔘鷄湯」を検索すると、以下のように紹介されています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%A0%E3%82%B2%E3%82%BF%E3%83%B3


面白いのは土用の丑の日におけるウナギと同じように、三伏の日に食べると健
康に良いとされている点です。三伏とは陰陽五行説に基づく選日の一つで、初
伏(しょふく)中伏(ちゅうふく)末伏(まっぷく)の総称と言う事ですが、
韓国に居た頃は真夏の炎天下の中を、混在しているのは承知の上で、蔘鷄湯を
食べに行ったものでした。

この三伏にはポシンタン(犬の肉)を食べるのが、本来の伝統であったようで
すが、88年のオリンピックを前後して、国際的な批判を避けるために蔘鷄湯
をよく食べるようになったとも聞いています。

この料理は朝鮮人参が入る事からも、韓国の代表的な料理である事は間違いな
いと思います。その為にソウルの街を歩いていても、蔘鷄湯屋さんは無数にあ
るわけですが、美味しいお店はどこにでもあるかというと、世の中はそんなに
甘くありません。

初めて蔘鷄湯を食べる方は比較のしようがないと思いますが、何十年も暮らし
ていると、どうせ同じお金と時間を使って蔘鷄湯を食べるならば、少しでも美
味いお店に入りたいと思うのが人情だと思います。

私がイチオシのお店はやはり「土俗村(トソッチョン)」です。ソウルの景福
宮の近くにあるので、既に足を運ばれた方も大勢いると思うし、土俗村で検索
すれば沢山の情報が溢れているので、この場で詳しく説明する必要もないと思
います。

私が始めてこのお店に行った頃は、それほど有名でもなかったのですが、盧武
鉉大統領が大の蔘鷄湯好きで、たまにこのお店の蔘鷄湯を注文する事から、ソ
ウル市民の間でも有名になったと聞いています。今回は昼食時をあえて外して
行ったのが幸いして、直ぐに座れたのですが、平日でも待たされるのは普通で
す。

このお店の味の秘訣は食材を厳選している事です。韓国産の食材しか使わない
頑固な姿勢を守っていて、特に蔘鷄湯の味を決める鶏肉に関しては、自然飼料
で育てた若鶏を使っている事でしょう。食べてみるとわかりますが、身のひき
しまり度が、その辺の二流、三流の蔘鷄湯とは一線をひいています。
昔とまったく変わらない味に改めて感動すると共に、日本で頻発した偽装事件
のような事は起こさないで、いつまでもこの味を守って欲しいと思いました。

私はこの土俗村周辺から景福宮の壁際を歩く道がとても好きで、秋の紅葉シー
ズンにはたまに散策したものでした。今回、来て見たら光化門の改修工事が行
われていて、これが完成したらまたソウルの雰囲気も変わるのだろうと思いま
す。

この近くに観光で来るほとんどの日本人が、景福宮に目を奪われてしまうと思
いますが、景福宮の目の前には、日本の霞ヶ関ビルに相当する政府の合同庁舎
がある事をご存知でしょうか?土俗村は昼食時になるとサラリーマン風の人が
大勢、待っている姿を見る事ができますが、その中には政府関係のお役人さん
も大勢いるわけです。

実は私も会社の仕事の関係で、この合同庁舎に何度か足を運んだ事があるので
すが、私が日本人という事もあり、韓国で一番美味しい蔘鷄湯を食べに行きま
しょう!!という事で、案内されたのが土俗村との最初の出会いでした。

合同庁舎の中では仕事絡みの話もあり、険悪な仲になってしまった時もありま
したが、土俗村では面倒な話はお互いに忘れて、色々な雑談をした事が懐かし
く思い出されます。日本のバブル経済や竹島問題、靖国問題など、話した内容
は忘れてしまいましたが、土俗村の店長さんも巻き込んで結構、盛り上がった
ものでした。

話は少しそれますが、今回の大統領選挙では大方の予想どうり、李明博氏が当
選しました。その大きな理由に韓国の深刻な経済問題があると思います。特に
大卒における非正社員の格差は深刻で、初任給の平均が88万ウォン(約10万円)
程度と言われています。一部の大企業の新入社員の初任給が日本並である事を
考えると、日本以上の格差がある事がわかります。

李明博氏が当選した事により、韓国を管理する国政の核心勢力の世代交代が行
われると言われています。それは386世代(30代 1980年代に大学生で60年代に
誕生)から、475世代(40代 1970年代に大学生で50年代に誕生)に移行すると
言う事です。盧武鉉大統領を支持する386世代は、若い頃に学生運動に入れ込
んだ世代で、リベラル色が強いのが特徴であるのに対し、李明博氏のブレーン
は実用専門家の色彩が強く現れています。若者の就職難を初めとした経済問題
が緊急課題であるため、理念やイデオロギーよりも食べる事を解決してくれる
大統領が選ばれたというわけです。

今になって思い出してみると、私がお世話になった合同庁舎のお役人さんも、
386世代が多かった事がわかります。韓国の公務員というとかなり封建的でお
堅いイメージがありますが、私が接していた方々は、事務方で比較的に若い方
が多かったので、そのような印象はまったくありませんでした。ただ、彼らは
この国のエリートである事は間違いなく、子供の頃から受験戦争に勝ち抜いて
きた面々なのでしょう。

彼らは国家公務員なので、今回の大統領選挙で10年ぶりに政権交代が実現し
たこともあり、大々的な人事異動が行われると思われます。私の知っている方
は、今はどこで何をしているのか知るよしもありませんが、久しぶりに土俗村
の蔘鷄湯を堪能し、師走の合同庁舎を見ながら、これからの韓国の将来をふと
考えてしまった一時でした。

これからソウルは1年の中で最高に寒くなる時期ですが、そんな時に熱々の蔘
鷄湯を食べるのも風情があって良いかもしれません。土俗村への行き方に関し
ては、以下のサイトが詳しいので参考にして下さい。

http://www.konest.com/data/gourmet_mise_detail.html?no=1438




■編集後記

 ここまで読んで下さり有難うございました。

今回は食べ物と政治の話がチャンポンになってしまいましたが、如何だったで
しょうか?386世代などの俗語は韓国社会でよく使われます。最初はパソコン
の仕様でも意味しているかと思いきや、そうではありませんでした。
最近は韓国人の政治離れが進んでいると言われますが、日本に比べればまだま
だ情熱的です。特に男性は政治の話ができないと相手にされません。

久しぶりに韓国に行って来て、面白い話を聞いてきました。以前にもメルマガ
で紹介したBBQチキンというチェーン店の売り上げが、急増したというので
す。理由は李明博氏の金銭スキャンダルが「BBK事件」という名目で、毎日
のようにマスコミで報道され、それを聞いた国民がBBQチキンを連想して食
べたくなったというものです(笑)

李明博氏の経済やお金に関するセンスは、私も一目置いているのですが、昔の
田中角栄氏のようにお金で足元をすくわれなければいいのですがね、、、

それでは皆さん、アンニョンヒケセヨ〜!!



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

 

 

 


常陸興業株式会社 通訳翻訳事業部

〒300-4244 茨城県つくば市田中715

TEL 029-867-4218

FAX 029-867-2269

(営業時間:平日9:00−17:00)


Copyright(C)2007 HITACHI KOGYO Co.,Ltd. All rights reserved.