常陸興業(株) 通訳翻訳事業部

     韓国語専門の通訳・翻訳サービス。商談通訳、会議通訳、展示会通訳、セミナー通訳、研修通訳など、ビジネス通訳に特化。

logo

通訳翻訳事業部トップページ

会社概要

韓国語通訳

韓国語翻訳

韓国現地での通訳

韓国ビジネスサポート

韓国ビジネス情報

中国語通訳

中国語翻訳

中国ビジネスサポート

ご発注・お支払について

韓国語・ハングルの基礎知識

通訳・翻訳スタッフ募集

サイトマップ

常陸興業株式会社

TEL 029-867-4218

FAX 029-867-2269

お問い合わせ(メール)

茨城エコ事業所登録

  環境方針

個人情報保護方針

 

 

◇◇Takeさんの韓国見聞録◇◇

韓国サラリーマン生活14年目のTakeさんがTVや雑誌、ツアー旅行では決して得られない現地の穴場情報と韓国を理解するための秘訣を貴方に伝授致します。激動する今の韓国を感じて下さい!!

 

 

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

Takeさんの韓国見聞録      2008.03.09発行  NO.77
 <古くからの友人、韓国をよく理解するための日本人サラリーマン日記>

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www3.to/take3/■

Takeさん@韓国ソウルです。

 2月は短くてメルマガも出せずに、気が付いたらアッという間に過ぎてしま
いました。書きたい事は沢山あるのですが、まとまった時間が取れないのが、
何とも悲しいです。週末は子供の宿題を見るだけで直ぐに終わってしまうので
すが、最近は少しづつですが余裕を持てるようになりました。日本の桜を久し
ぶりに堪能できると今から楽しみにしているのですが、都内でお勧めの場所が
あれば教えて下さい。


■本日のサラリーマン日記   「真冬の国立中央博物館で考える」

 2月のソウルに出張で行って来ました。この時期は1年でも一番寒い時期な
のですが、仕事なので仕方ありません。日本に帰国してからも相変わらず日韓
ビジネスに関係しているので、どちらに暮らそうがやっている事は変わらない
ように思えます。ビジネスを通じての日韓交流というのが私にとっても大きな
テーマなので、しばらくはこんな感じで過ぎて行くのでしょう。

仕事での海外出張はいつもギリギリのスケジュールで、市内観光なんてのはよ
ほど運が良くないとできないのですが、今回、私と同行したS部長が韓国は生
まれて初めてという事もあり、韓国企業側のN社長の粋な計らいで国立中央博
物館の見学と言う事になりました。

国立中央博物館は2005年に新しくリニューアルした事は知っていましたが、
恥ずかしながら一度も行っていなかった事に気が付きました。韓国に居た頃は
目の前の道は数え切れない程走っていたのに、何とも恥ずかしい限りです。

私の息子は小学校の課外授業で既に何回も行っているのですが、その事はさす
がにN社長には言えませんでした。このメルマガの読者さんの中には既に見学
した方も大勢いるかと思いますが、まだの方はぜひ行かれる事をお勧めします。
博物館の詳細は以下のサイトを参考にして下さい。

http://www.konest.com/data/spot_mise_detail.html?no=858


実はこの博物館は建設途中で資金難になり、工事が途中で中断していた経緯が
あります。その当時、私は近くの竜山区に住んでいたので、巨大な鉄骨の構造
物がそのままになっていた事を今でもよく覚えているのですが、今ではこうし
て立派な博物館が完成して本当に良かったと思いました。

自尊心が人一倍強い韓民族にとって、自国の歴史を紹介する博物館は誰もが心
待ちにしていたに違いありません。中に入ればわかると思いますが、それは豪
華な宮殿かお城のようで、相当な資金が投入されている事がわかります。

今回、案内を買って出てくれたN社長は、実は大の歴史好きみたいで中に入る
と凄い勢いで説明を始めました。私も横でボーとしているわけにはいかず、こ
れも仕事と思い、負けじと同時通訳を始めました。そしたらさらにN社長の気
合が入り、気が付いたら大勢の人だかりができてしまったのです。

子供からお年寄りまで沢山の方が、その社長さんの熱弁を聞く様になってしま
いました。後で聞いた話ですが同行したS部長は、自分が日本人なので袋叩き
にされるのではないかと心配していたというのです(笑)

日本人が韓国の歴史に興味を持ってくれるほど、韓国人にとって気分の良いこ
とはありません。皆さん「そうだ!!そうだ!!」と韓国語で相槌を打ってい
るのがわかりました。N社長の主張は日本と韓国はビジネスという観点から過
去の歴史を見直さなければいけないというもので、私と相通じる世界を持って
います。

特に興味深かったのが、三国時代に存在した「伽耶」という国に関してのお話
です。韓国の歴史学者の間では、この伽耶の国に対する解釈が色々とあり、悩
みの種になっているとの事でした。

N会長の説によると、3世紀から6世紀中頃にかけて朝鮮半島の中南部に存在
した伽耶には、日本からの駐屯基地が存在し、日本人の武装勢力が存在した証
拠があるとの事です。何故ならばこの伽耶には優秀な鉄器技術があり、これを
自国に取り入れたかった日本の権力者がこれを守るために伽耶に兵士を送って
いたというのです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%BD%E8%80%B6


このような歴史観は日帝殖民地時代を正当化する危険があるという事で、長ら
く韓国では封印(無視)されてきたそうですが、遺跡などを発掘するとどうも
本当の話である事が近年になりわかってきたそうです。当時の日本には鉄器技
術はまだ無く、これを手にしたものが日本国内で絶対的な権力を手に入れる事
ができた為に、伽耶を守るためにお互いに協力して戦ったというのです。

N会長に言わせると日本や韓国という国家の概念が成立する以前から、両国は
このようにお互いに利害関係が一致すれば手を組むし、そうでなければ戦うの
が当然であり、お互いに喧嘩両成敗みたいなもので、日本はよく日韓の不幸な
歴史という事で謝罪するが、長い目で見たらお互い様だというのです。

TVやマスコミだけ見ていると、韓国人は今でも根に持って過去の歴史に拘っ
ていると思いがちですが、韓国でご年配の方、それも比較的エリート階級の方
々は意外な程、日本に好意的な方も多いのではないか?というのが私の個人的
な感想です。これは実際に韓国で生活してみないと理解できないかもしれませ
ん。

話は少しそれましたが、この博物館に来ると三国時代の頃は日本よりも朝鮮半
島の方が文化が進んでいて、今でいうハイテクの宝庫であった事がわかります。
そしてそれらのハイテクは当時の日本の権力者からみると、喉から手が出るく
らい魅力的なものであり、多くの人を派遣して取り入れようとした事がわかり
ます。

実は今回の商談では、N社長の持っている技術で日本にも工場を立ち上げたい
という日本側からの熱心なアプローチによって実現しました。一昔前までは日
本の技術を教えて欲しいという、韓国側の要求がその殆んどでしたが、時代の
変化というか時の流れを感じている次第です。

昔はその国の優秀な技術や芸術を欲しいがために、時の権力者が戦争を仕掛け
て、技術者を拉致してしまった経緯があるが、今の時代はお互いによく話って
ビジネス関係を構築していけば良いのではないか?と言うのがN社長の主張で
す。

現代社会はグローバル化が進み、日本とか韓国とかいう概念は過去のもので、
利害が合えば手を組むし、そうでなければ決別するだけの事です。先月、新し
く韓国の大統領に就任した李明博氏はそのような意味で、日韓関係をさらに新
しいステージに引き上げてくれる人物かもしれないと感じさせてくれる部分が
あります。

金浦空港に向かうタクシーの中でそのような話をN社長としていたら、タクシー
の運転手もそう思うという事で、お互いに話が盛り上がりました。横に座って
いたS部長には何を話しているのかさっぱり理解できない様子でしたが、漢江
の広さにただただ驚いていたというわけです。


■編集後記

 ここまで読んで下さり有難うございました。

今回のメルマガで紹介した国立中央博物館は本当に豪華な建物でした。しかし、
以前は景福宮の敷地内にあったために多くの外国人観光客で賑わっていたので
すが、今の場所に引越しをしてからはパタッと少なくなってしまったようです。
何とも勿体無い話だと思います。世界にはその国ごとに有名な博物館がありま
すが、韓国のそれは何か特別な気がします。日本と韓国は太古の昔から繋がっ
ていた事がよく理解できるからです。次回は出張ではなくもっと時間をかけて
見学したいと思いました。それと、毎月第4週目の土曜日は入場無料なのでお
勧めです。我々が行った時も無料でしたが、同行したS部長はいつも無料であ
ると錯覚して、韓国人は何と太っ腹なのだろうと感激していました(笑)

それでは皆さん、アンニョンヒケセヨ〜!!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

 

 

 


常陸興業株式会社 通訳翻訳事業部

〒300-4244 茨城県つくば市田中715

TEL 029-867-4218

FAX 029-867-2269

(営業時間:平日9:00−17:00)


Copyright(C)2007 HITACHI KOGYO Co.,Ltd. All rights reserved.