当社では日韓コンサルティングを行っており、友好関係を築くサポートをさせていただいております。日本でも礼儀を重んじるように、韓国でも礼儀をとても重んじています。国が変われば風習やマナーなど様々なところで相違点が出てきます。しかし、相違点を理解するとともに、相手の国に対して敬意を示し受け入れるという姿勢が大切です。

こちらでは韓国のマナーについてご紹介いたします。

目上に対してのマナー

韓国では儒教文化が強いので、目上の方との接する時には細かい配慮が必要とされます。目上の方の前ではタバコは吸ってはいけなく、どうしても吸いたい時には許可をもらう必要があります。また何か物を受け取る時には、必ず両手か右手で受け取らなければいけません。左手で受け取ることはタブーとされています。握手をする時も、左手を右手に添えて挨拶をする必要があります。

お酒の席では、杯の底を見せずに飲み、堂々と飲み干すことは良くありません。目上の方を大切にする心から、このような細かい決まりがあります。

食事のマナー

韓国の食事は日本と同じように基本、ご飯と汁物ですが食べ方は異なります。
日本では片手で食器を持ち上げ、箸でご飯を食べますが、韓国では食器は置いたままスプーンでご飯を食べます。韓国では常にスプーンを使って食事をするのが当たり前で、箸はおかずを食べる時にだけ用います。箸を使ってご飯を食べたり、汁物を飲むのは失礼にあたるので気をつけるようにしましょう。

その他のマナー

韓国では食事の場や公衆の場で鼻をかむことはタブーとされています。鼻をかむ時は、席を立つか、横か後ろを向いて控えめにかむのが礼儀となっています。
日本では当たり前にやっていることが、韓国では以外にもタブーとされていることが多いので、失礼にならないように覚えておくといいでしょう。

当社では日韓の企業どちらの考え方の違いを熟知した日本人スタッフが、最適なパートナーシップ構築を目指しコンサルティングを行っています。事業内容としては、通訳、翻訳、日韓マーケティング・プロモーション事業などをサービスとして提供しております。ビジネスにおいて友好関係を築くことは必須条件なので、当社の日韓コンサルティングを利用すればそれが可能となります。