お湯なしで服を着たまま半身浴! 遠赤外線半身浴サウナで健康生活

遠赤外線サウナのメリット

  • HOME »
  • 遠赤外線サウナのメリット

遠赤外線について

光(電磁波)には、波長が短いものから順にγ線、X線、紫外線、可視光線、赤外線、マイクロ波があります。温熱作用がある赤外線は波長によってさらに細かく、近赤外線、中間赤外線、遠赤外線、超遠赤外線の四つに分類されます。

遠赤外線は赤外線の一種です。遠赤外線の発見は、今から200年前にドイツの科学者ハ-シャルによって発見されました。ハ-シャルは、ガラスのプリズムを利用して太陽光線を分散させ、可視光線にあたる赤から紫までの各色のところに温度計をあててそれぞれの温度を測定しました。すると、赤色の外側にある目に見えない部分に、温熱作用を持つ電磁波が存在することを見つけました。それが赤色の外にあることから「赤外線」と名づけました。その後の研究で、遠赤外線にはいろいろな特徴があることが解ってきました。

遠赤外線の特徴
  1. 目に見えない光線である
  2. 直進性、屈折、反射などの光の性質を持っている
  3. 多くの物質に吸収されて熱反応を起こす
  4. 深達力がある

遠赤外線は「生育光線」

地球が誕生したのは、今から約46億年前といわれています。生まれたばかりの地球は灼熱の溶岩で煮えたぎり、とても生命の棲める状態ではありませんでした。では、地球に生命が誕生したのはどうしてでしょうか?

それは、太陽と地球の距離が、生命誕生に適した距離(約1億5千万km)にあったからだと言われています。もし、今よりも距離が離れ過ぎていたら地球は寒すぎて凍りついていました。反対に、近すぎても地球は熱すぎて生命は誕生できませんでした。

この地球を見ても、赤道を中心として少し離れた亜熱帯地方は沢山の動植物が生息していますが、南極や北極は寒すぎて動植物は極端に少なくなります。このように生命は太陽光線のエネルギ-に深く関わって、生かされていることが解ります。

太陽からは、紫外線、可視光線、赤外線などが地球上に到達します。これら光の内、赤外線というのは非常に熱を伝えやすい光です。そして中でも遠赤外線は、人の生育を助けてくれる有用な電磁波「生育光線」なのです。そのため、遠赤外線は、遠赤外線治療器や遠赤外線ヒーター、遠赤外線グッズに応用されています。

遠赤外線半身浴サウナ「ハーフスパ」

ハーフスパは、人にやさしい遠赤外線を活用し、3面から発生する遠赤外線と座面からの近赤外線効果で体を芯から温めます。遠赤外線は太陽光の中でも一番体の奥まで浸透して温めてくれる光です。その遠赤外線による強い温熱効果によって体内を活性化させます。

お風呂での半身浴との違い

また、遠赤外線半身浴は、服を着たままで半身浴の効果を得られるということも大きなメリットです。お風呂での通常の半身浴と違い、お湯を使わず、服を着たままリビングで、「読書しながら」「テレビを見ながら」「パソコンを使いながら」「趣味を楽しみながら」手軽に半身浴ができます。

お風呂での半身浴は、健康やダイエットに大きな効果があることがわかっていても、時間が無かったり、肩が寒いと感じたり、面倒くさくなってしまったり、なかなか続けられない人が多いようです。

遠赤外線半身浴サウナ「ハーフスパ」ならば、自分で好きなことをしながら、いつでも好きな時間に服を着たままで手軽に半身浴ができるので、続けることが苦にならず、健康にもダイエットにもより効果が出やすくなります。

遠赤外線半身浴サウナ「ハーフスパ」は、ネットショップのページで購入ができます。

PAGETOP
Copyright © HITACHIKOGYO CO.,LTD. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.