お湯なしで服を着たまま半身浴! 遠赤外線半身浴サウナで健康生活

体温と健康

  • HOME »
  • 体温と健康

体温と免疫力

健康的な人の平熱は36.5~37.1度と言われますが、最近、36度以下という低体温の人が増えています。「体温が低いと免疫力が低下する」「体温が上がると免疫力が高まる」と言われますが、それはどうしてでしょうか?

体温が上がることで免疫力が高まる理由の一つは、体温が上がると血流がよくなるからです。血液の中には免疫細胞が集まっている白血球がありますが、血流がよくなり白血球が体の隅々に行き渡ることで、免疫力が十分に発揮されるのです。そしてもう一つの理由が「酵素」の活性化です。酵素は、私たちが体に摂り入れた食べ物を肝臓で分解して栄養素にする働きや解毒するなどの働きをしています。この酵素が最もよく働いてくれる体温が37度前後と言われます。逆に体温が低い場合は、血流が悪くなることで白血球の働きが弱まり、ウイルスや細菌に負けやすい体になります。酵素の働きも弱まることで栄養が全身に行き渡りにくく、体内に老廃物が溜まりやすくなります。そのために免疫力が低下するのです。体が冷えると風邪をひきやすいのは、免疫力が低下しているからです。

体温と新陳代謝

体温が上がることの効果には免疫力の向上だけでなく、新陳代謝の促進があります。血流が良くなれば、体の隅々の細胞に酸素と栄養が行き渡るので細胞が活性化し、新陳代謝が良くなります。代謝力が上がると健康な体を維持すると同時に、脂肪の燃焼も促進されダイエット効果も期待できます。

体を温める効果のまとめ

遠赤外線による温め効果

遠赤外線は太陽光の中でも体の一番奥まで浸透して、内側から体を温めてくれる光です。ハーフスパは人にやさしい遠赤外線を活用し、3面から発生する遠赤外線と座面からの近赤外線効果で体を芯から温めます。遠赤外線による強い温熱効果によって血流を良くして体内を活性化させます。

半身浴による温め効果

遠赤外線半身浴サウナ「ハーフスパ」は下半身に遠赤外線を照射することにより、体全体を芯から温めます。体全体を高温の空気の中に入れる従来のサウナとは違い、下半身だけを温める為、心臓など体への負担が少なくなります。お風呂での「全身浴」と「半身浴」の違いと同じように、体への負担が少なく、リラックス効果、健康効果、美容効果がより高くなります。

ハーフスパは電源をONにして座るだけの半身浴で体を温めることができます。テレビを見たり読書をしたり、趣味を楽しみながら健康づくりを始めましょう!

遠赤外線半身浴サウナ「ハーフスパ」は、ネットショップのページで購入ができます。

PAGETOP
Copyright © HITACHIKOGYO CO.,LTD. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.