当社が給排水の管理をしている施設でトイレの詰まりが発生し、原因を調査した結果、古くなった排水管の立て管の大量のサビが横主管との接続部分に溜まっていることがわかりました。

金属のサビが詰まった場合は高圧洗浄などでは効果がないため、横主管を一度切断して中のサビを除去し、詰まりを取り除いた後で新規の横主管を接続し直すという工事を行いました。

工事前排水横主管切断 詰まり除去
排水横主管更新

金属製の排水管を使っている場合、古くなって立て管にサビが発生しそれが一度に落ちると、どうしても横主管との接続部分で詰まってしまいます。

立て管が壁の中を通っていて作業スペースがない場合、立て管の交換工事のために壁を壊さなければならないこともあり、大規模な修繕工事となります。

今回はかなり苦労しながらも何とか横主管側から詰まりを除去できましたので、工事費用も安く済ますことができました。

排水管の詰まり、トイレの詰まり、貯水槽の給水ポンプの故障、FMバルブの故障、水漏れ、水があふれる、水が出ないなどのトラブルの際は当社にお任せ下さい。受水槽ポンプ交換 定位水弁・FMバルブ交換 受水槽の逆止弁交換  給排水設備・水のトラブル