ビルメンテナンス事業・指定管理者事業・ハウスクリーニング事業・エコ事業・海外ビジネスコンサルティング事業を通して社会に貢献します。

給排水設備管理

  • HOME »
  • 給排水設備管理

給排水設備管理

給排水設備は建物を管理するにあたって最も重要な設備になります。人間は水なしで生きられませんので、建物の利用者にとって水が不便なく使えるかどうかは、最も大きな問題と言えます。

利用者が快適に過ごせるように、給排水設備を適切に管理する仕事が給排水設備管理です。具体的には、給水設備として貯水槽の清掃や点検、水漏れや渇水などのトラブル発生時の対応や修繕、水質検査、排水設備では排水管の清掃や点検、詰まりや悪臭発生時の対応などを主な業務としています。

給水設備
貯水槽清掃水道法や条例により年1回定期的に清掃することが定められています。
給水トラブル対応貯水槽の給水ポンプの故障、FMバルブの故障、水漏れ、水があふれる、水が出ないなどのトラブルの際もお任せ下さい。受水槽ポンプ交換 定位水弁・FMバルブ交換 受水槽の逆止弁交換
排水設備
排水管清掃排水管は目に見えないため見落としがちですが、清掃を実施しないと、悪臭やハエ・蚊等の害虫の発生、詰まり等による逆流の原因となるので、定期的な清掃・点検が必要となります。
排水トラブル対応排水管が詰まってトイレの水が流れないなどのトラブルで、清掃、高圧洗浄でも解決しない場合は、排水管の工事が必要となります。排水管交換工事
グリストラップ清掃飲食店では、グリストラップ清掃を実施しないと、詰まりが発生した場合に営業できないなど大きなトラブルにつながります。定期的な清掃が必要となります。

給排水設備管理を適切に行うために

当社は、「建築物環境衛生総合管理業」の登録事業者です。建築物環境衛生総合管理業とは、建築物における清掃、空気調和設備及び機械換気設備の運転、日常的な運転等並びに空気環境の測定、給水及び排水に関する設備の運転等並びに給水栓における水の遊離残留塩素、色、濁り、臭い、味の検査等を行う事業です。

建築物衛生法(「建築物における衛生的環境の確保に関する法律」)に基づいて、環境衛生管理業務を行う事業者の登録制度が設けられ、8業種に区分されていますが、そのうちの一つが「建築物環境衛生総合管理業」ということになります。

登録基準として、事業を行うための機械などの物的要件、事業を適正に管理するための資格者の選任などの人的要件が定められており、それらの要件を適正に備えた事業者だけが登録することができます。

建築物環境衛生総合管理業登録のためには「統括管理者」「清掃作業監督者」「空調給排水管理監督者」「空気環境測定実施者」という資格者が必要となります。これらの資格者を有することで適正な業務を行なうことができ、建物内で過ごす人々の健康を守ることができるのです。

Facebook

遠赤外線半身浴サウナ

遠赤外線半身浴サウナ

通訳翻訳事業

通訳翻訳事業
PAGETOP
Copyright © 常陸興業株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.