常陸興業(株) 通訳翻訳事業部

     韓国語専門の通訳・翻訳サービス。商談通訳、会議通訳、展示会通訳、セミナー通訳、研修通訳など、ビジネス通訳に特化。

logo

通訳翻訳事業部トップページ

会社概要

韓国語通訳

韓国語翻訳

韓国現地での通訳

韓国ビジネスサポート

韓国ビジネス情報

中国語通訳

中国語翻訳

中国ビジネスサポート

ご発注・お支払について

韓国語・ハングルの基礎知識

通訳・翻訳スタッフ募集

サイトマップ

常陸興業株式会社

TEL 029-867-4218

FAX 029-867-2269

お問い合わせ(メール)

茨城エコ事業所登録

  環境方針

個人情報保護方針

 

 

◇◇Takeさんの韓国見聞録◇◇

韓国サラリーマン生活14年目のTakeさんがTVや雑誌、ツアー旅行では決して得られない現地の穴場情報と韓国を理解するための秘訣を貴方に伝授致します。激動する今の韓国を感じて下さい!!

 

 

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

Takeさんの韓国見聞録      2008.01.30発行  NO.76
 <古くからの友人、韓国をよく理解するための日本人サラリーマン日記>

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ http://www3.to/take3/■


Takeさん@韓国ソウルです。

 TVの天気予報を見ていると、この冬一番の冷え込み!!とアナウンスされ
る事が多いですが、私に言わせると東京は寒いと言いながら、氷点下を下回る
事はなくとても暖かく感じます。私の体の中にはソウルでの凍てつくような寒
さがまだ記憶されているためか、背広一枚でオフィスの外に出てしまい、異様
に目立ってしまう事もしばしばです。おそらく来年辺りは韓国での寒さも忘れ
てしまい、寒い寒い!!と悲鳴を上げていると思います。


■本日のサラリーマン日記   「サラリーマンの味方 構内食堂」

 「構内食堂」という言葉を聞いた事があるでしょうか?日本ではあまり聞き
慣れた言葉ではないかと思いますが、韓国語ではクネーシクタンと発音し、よ
く使われる言葉です。韓国において構内食堂とは、一般的に大学や役所などの
公的な行政機関等の建物にある格安の食堂を意味しています。セルフサービス
が基本で、小学校の給食の時間で使っていたようなアルミ製のお盆に、自分の
好きな分だけおかずを入れていくというスタイルです。

価格が市価の半額程度で済む反面、サービスや味を要求する事はできないとい
うのが一般的な認識ですが、今回、私が紹介する構内食堂は味も価格も両方を
満たしており、しかもソウルの一等地にあるシロモノです。

その場所は、ソウル特別市中区太平路1街25にあるプレスセンタービルの地
下にあります。住所だけ言われてもピンとこない方がほとんどだと思いますが、
以下の地図と写真にあるように、ソウル市庁の直ぐ後ろ側にあるビルの事です。
ソウルに何度か行かれた方は見覚えのあるビルだと思います。

http://www.geocities.jp/korea_faq/No76/map.jpg


http://www.geocities.jp/korea_faq/No76/cimg6937.jpg


以前にもお話した事があるかもしれませんが、私が働いていたオフィスがこの
プレスセンタービルにあった事もあり、私もここの構内食堂には3年程お世話
になりました。

このプレスセンタービルの周辺には、観光客にも有名な食堂やレストランが乱
立していますが、忙しいサラリーマンにとってこの構内食堂は、本当に強い味
方でした。

構内食堂の利点を挙げると、まず値段が安いことです。また、自分で食べる量
を調節できるので、その日の体調に合わせてコントロールできる点も良かった
です。そして何よりもエレベータをス〜と降りて、食堂に直行できる事が有難
く、寒い日や雨の日は本当に助かったと記憶しています。

料理も1日に二種類の日替わりメニューなので、あれこれと迷う必要がないの
も助かります。サラリーマンにとって昼休みの1時間は、砂漠のオアシスのよ
うに貴重なもので、如何に早く食事を済ませて自分の時間を持つかは世界共通
の課題でしょう。

実は今回、構内食堂の記事をメルマガで流そうと思ったきっかけは、私が日本
に来てからの職場が、東京駅近くの高層ビルになった事もあり、以前に似たよ
うなプレスセンタービルの事が急に懐かしくなったからでした。

このソウル市庁を中心とした地域から光化門にかけての一帯は、東京で言うと
丸の内のオフィス街のようなものだと思います。東京駅周辺のオフィス街を歩
いていると、ふとプレスセンタービル時代にタイムスリップしたような感覚に
なる事があります。ただ、ソウルに居た頃と少し違うのは、日本はテイクアウ
ト系のお店が多く、若い女の子はお店ではなく事務所に持ち帰り、一人でパソ
コンを見ながら食べている光景が目立つ事でしょうか?

話は少しそれてしまいましたが、このプレスセンタービルの構内食堂は、ソウ
ルのビジネスマンはもちろん、一般市民にとっても有名な名所なのです。中に
は明らかにサラリーマンではない、杖をついたお爺さんのような方が堂々と食
事をしているのは何とも滑稽でした。

今はどうなっているかわかりませんが、私が居た頃は、かの有名な新羅ホテル
が管理しているという事で、そこで使われる食材や、働いているシェフは新羅
ホテルから調達してきたものであると聞かされていました。地方の工業団地な
どにある構内食堂などは、あまりの不味さに気絶しそうになりますが、ここの
料理は本当に美味しかったです。

プレスセンタービルは、カンナム地域に出来たガラス張りの最新オフィスビル
に比べると見劣りしますが、大統領選挙で当選すると第一声を挙げるのは、こ
のビルである事は有名です。名前の通りマスコミ関係の中心的役割を果たして
いるので国政に影響するような、大きな記者会見はこの場所で行われるのが通
例です。私もビルのロビーで有名な政治家や芸能人を、何度か目撃する事があ
りました。

ビルの賃貸料も周囲に比べると、かなりお高く設定されているますが、人気が
あるので常に満室でした。ビジネスをする中で初対面の方と名刺交換をする時
も、住所がこのプレスセンタービルであると、明からに相手の態度が変わる事
は良くありました。どこに事務所を置いているかで、初対面の相手を判断する
傾向は韓国の方が強いと個人的には感じています。

近年は清渓川(チョンゲチョン)が完成し、江北地域の威信を取り戻してきた
事もあり、プレスセンタービルの周辺も活気を取り戻してきた様に感じます。
ここのビルから眺める青瓦台と景福宮は実に美しく、私はとても気に入ってい
ました。また、2002年のワールドカップの時は、ビルの周辺が応援団の為
に真っ赤になってしまい夜中まで帰る事が出来なかったハプニングも、今は懐
かしい思い出です。

前回のメルマガに続き、食べ物の話が続いてしまいましたが、今回、紹介した
構内食堂はネットや観光ガイドにもほとんど紹介されていないようなので、機
会を見つけてぜひ足を運んでみてください。ただ、一般の食堂とは異なり、午
前11時頃から午後2時頃までに行かないと、食事にありつけないので注意が
必要です。


■編集後記

 ここまで読んで下さり有難うございました。

昨年の暮れ辺りから新しいプロジェクトに参加するようになり、目の回るよう
な忙しさに振り回されています。ソウルに居た頃にように通勤電車に揺られる
日々ですが、駅のホームでは綺麗に行列を作って待っているし、エレベータの
乗り降りもお互いに譲り合い、自分の中でも忘れていた何かを思い出しながら
の生活です。何となく物足りないというか、周囲の人に気と使いすぎて息苦し
くなる時もありますが、自分でも慣れていくのがわかります。最近は身勝手な
振る舞いをする人が増えてきていると思っていたのですが、まだまだ日本人ら
しさはそこかしこに残っているというのが私の感想です。

それでは皆さん、アンニョンヒケセヨ〜!!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

 

 

 


常陸興業株式会社 通訳翻訳事業部

〒300-4244 茨城県つくば市田中715

TEL 029-867-4218

FAX 029-867-2269

(営業時間:平日9:00−17:00)


Copyright(C)2007 HITACHI KOGYO Co.,Ltd. All rights reserved.